2018年08月24日 05時00分 公開
特集/連載

モバイルデバイスを脅威から守る基本の「き」 ユーザーに伝えることは?多要素認証(MFA)や統合エンドポイント管理(UEM)が有効

モバイルデバイスへの脅威が増加している。本稿ではIT担当者が抱える問題を再検討し、従業員のモバイルデバイスをサイバー攻撃から保護する戦略のヒントと、セキュリティ技術を紹介する。

[Kristen Gloss,TechTarget]
画像

 ITプロフェッショナルはモバイルアプリの開発に着手してからエンドユーザーを保護する段階まで、モバイルデバイスへのセキュリティの脅威に対処し、エンドユーザーを指導する必要がある。

 モバイルセキュリティに関する多くのエンドユーザーの認識は「疑わしいコンテンツはクリックしない」ことにとどまっている。それ以上のことは、基本的に教えられていない。モバイルデバイスのセキュリティリスクの高さはPCと変わらないにもかかわらず、大抵のユーザーはモバイルデバイスがPCよりも安全だと考えている。そのためITプロフェッショナルは、脅威が起こり得るあらゆる側面からモバイルデバイスのセキュリティを確保するよう努めなくてはならない。

アプリを開発する際に知っておくべきこと

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...