SaaS市場ベンダーシェア調査 首位Microsoftに続くベンダーは?Salesforce、Adobeも大きなシェア

SaaS市場はMicrosoftをはじめとした従来のベンダーの他、Zendesk、Dropboxなどクラウドから誕生したベンダーが加わり急速に変革が進んでいる。

2018年09月11日 05時00分 公開
[Cliff SaranComputer Weekly]
Computer Weekly

 MicrosoftはSalesforceを抑えて優位に立ち、引き続きSaaS(サービスとしてのソフトウェア)市場を支配している。調査会社Synergy Research Groupの報告によると、この巨大ソフトウェア企業は全世界で17%以上のシェアを獲得している。Microsoftは市場規模が大きなコラボツール分野を占有しており、これがSaaS市場の競合プロバイダーをより大きく突き放すことに寄与しているという。「コラボツール分野において主導権を握っていることが大きく寄与し、Microsoftは年間で45%の増収を記録している。この数字は市場全体の成長率をはるかに上回っている」とアナリストは指摘する。

画像

 Google、ServiceNow、Oracleと並び、Microsoftは最も急成長を遂げているSaaSプロバイダーである。Synergyによると、Salesforceが2番目に大きなシェアを占めており、CRM(顧客関係管理)分野では引き続きトッププレーヤーとして君臨している。しかしCRMセグメントは他のSaaSセグメントと比較すると相対的に低成長であり、市場全体ではMicrosoftが先行している。

 3番目に大きなSaaSプロバイダーはAdobe Systemsであり、OracleとSAPがその後を追っているとSynergyは報告している。

 アナリストは、コラボレーション、CRM、ERP(企業資源計画)、HCM(人材管理)分野が今後5年間で大きく成長すると予測している。

SaaS市場に進出する大手ソフトウェアベンダー

 Synergy Research Groupのチーフアナリストであるジョン・ディンスデール氏は、次のように述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...