2018年09月28日 05時00分 公開
特集/連載

用途はいろいろだが……Alexa for Businessを導入すべき理由と、導入すべきでない理由

一般消費者の間で人気のAI音声アシスタントデバイスが企業にも進出し始めている。だが、企業は幾つか課題も意識しておかなければならない。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Google | スマートデバイス


Alexa for Business(出典:Amazon Web Services)《クリックで拡大》

 昨今の一般消費者向け電子機器の世界では、AI音声アシスタントデバイスが話題になることが多くなっている。だが、ベンダーは市場シェアと収益を伸ばすために企業にますます目を向けるようになっている。早くから期待はされているが、幾つかの問題が導入の妨げになる可能性がある。

企業におけるAI音声アシスタントの用途

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...