Alexa for Businessを導入すべき理由と、導入すべきでない理由用途はいろいろだが……

一般消費者の間で人気のAI音声アシスタントデバイスが企業にも進出し始めている。だが、企業は幾つか課題も意識しておかなければならない。

2018年09月28日 05時00分 公開
[Ronald SchmelzerTechTarget]

関連キーワード

Amazon | Google | スマートデバイス


Alexa for Business(出典:Amazon Web Services)《クリックで拡大》

 昨今の一般消費者向け電子機器の世界では、AI音声アシスタントデバイスが話題になることが多くなっている。だが、ベンダーは市場シェアと収益を伸ばすために企業にますます目を向けるようになっている。早くから期待はされているが、幾つかの問題が導入の妨げになる可能性がある。

企業におけるAI音声アシスタントの用途

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...