2018年09月05日 05時00分 公開
特集/連載

音声アシスタント四天王のうちAlexaとCortanaが連携、GoogleとAppleは?お互いを呼び出すことが可能に

音声アシスタント「Alexa」と「Cortana」が連携し、お互いを呼び出すことが可能になる見通しだ。音声アシスタントのビジネス利用は加速するだろうか?

[Jonathan Dame,TechTarget]
Amazon Echo

 MicrosoftとAmazonが、待望の「Alexa」と「Cortana」連携の第一段階に踏み出した。現時点では消費者をターゲットとしているが、この提携はいずれ、職場におけるAI音声アシスタントの採用を加速させるかもしれない。

 この2つのプラットフォームがつながることで、ユーザーはAlexa対応デバイスを通じてCortanaの基本的な機能を使うことも、その逆も可能になる。パブリックトライアルは、「Amazon Echo」スピーカーとWindows 10搭載PCおよび「Harman Kardon Invoke」スピーカーで機能する。

 両社とも今回の提携の恩恵を受ける見通しだ。Gartnerのアナリスト、ワーナー・ゲルツ氏は、コンシューマー市場におけるAmazon Alexaの存在の大きさと、Microsoft Cortanaの業務用ツールとのつながりが組み合わさると指摘する。

 「AlexaとCortanaは、私の個人としてのニーズと、プロのナレッジワーカーとしてのニーズに応えられる。これは非常に重要であり勝利の組み合わせだ」とゲルツ氏は言う。

 もしMicrosoftとAmazonが長期的提携を追求する方針を決めれば、AI音声アシスタント市場の残る大手2社であるGoogleとAppleを脅かす可能性もある。

いつまで仲良くできる?

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...