音声アシスタント四天王のうちAlexaとCortanaが連携、GoogleとAppleは?お互いを呼び出すことが可能に

音声アシスタント「Alexa」と「Cortana」が連携し、お互いを呼び出すことが可能になる見通しだ。音声アシスタントのビジネス利用は加速するだろうか?

2018年09月05日 05時00分 公開
[Jonathan DameTechTarget]
Amazon Echo

 MicrosoftとAmazonが、待望の「Alexa」と「Cortana」連携の第一段階に踏み出した。現時点では消費者をターゲットとしているが、この提携はいずれ、職場におけるAI音声アシスタントの採用を加速させるかもしれない。

 この2つのプラットフォームがつながることで、ユーザーはAlexa対応デバイスを通じてCortanaの基本的な機能を使うことも、その逆も可能になる。パブリックトライアルは、「Amazon Echo」スピーカーとWindows 10搭載PCおよび「Harman Kardon Invoke」スピーカーで機能する。

 両社とも今回の提携の恩恵を受ける見通しだ。Gartnerのアナリスト、ワーナー・ゲルツ氏は、コンシューマー市場におけるAmazon Alexaの存在の大きさと、Microsoft Cortanaの業務用ツールとのつながりが組み合わさると指摘する。

 「AlexaとCortanaは、私の個人としてのニーズと、プロのナレッジワーカーとしてのニーズに応えられる。これは非常に重要であり勝利の組み合わせだ」とゲルツ氏は言う。

 もしMicrosoftとAmazonが長期的提携を追求する方針を決めれば、AI音声アシスタント市場の残る大手2社であるGoogleとAppleを脅かす可能性もある。

いつまで仲良くできる?

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...