2017年11月10日 05時00分 公開
特集/連載

音楽を再生することはできても……「Alexa」「Google Home」「Siri」をビジネス利用できないかと考える人々

「Amazon Alexa」「Google Home」「Siri」などの仮想アシスタントは、消費者の間では人気が高いが、企業導入は進んでいない。しかしITプロフェッショナルたちは、これらを企業向けに利用できないかと考えている。

[Irwin Lazar,TechTarget]
Google Home 音声認識機能付きスピーカー「Google Home」《クリックで拡大》

 「Amazon Alexa」「Google Home」「Siri」の登場によって、今日では多くの消費者が、デバイスの制御、天気予報や試合のスコアなどの情報を手に入れるために自分の声を使うことを待ち望んでいる。その延長線上で考えると、仮想アシスタントアプリを企業向けコラボレーションツールとして活用する現実的な使用例は、とても簡単に想像できる。以下の使用例を見てみよう。

  • カンファレンスルームに入り、音声コマンドを使用してビデオ会議と音声会議、画面共有を含む各アプリケーションの起動を手動で行うことなく、会議を開始する。
  • チームコラボレーションアプリに、特定のトピックまたは個人、グループ、顧客、業務に関する最近使用したファイルを開くように指示する。
  • チームメンバーにプロジェクトの進行状況を報告するように、プロジェクト管理アプリに指示する。
  • 電話またはソフトフォンで、同僚に電話するよう指示する。電話番号をいちいち調べる必要はない。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...