2018年11月27日 05時00分 公開
特集/連載

つながる飛行機とデータサイエンスが航空業界を変える手荷物の取り違えや機内食のまずさも解消

航空業界はデータ活用によって、大きな変革が起こりつつある。高速インターネット接続が可能で、自己メンテナンス機能を備えた航空機用電子システムの開発も進んでいる。

[Vivian Zhang,TechTarget]
photo

 輸送業界のテクノロジーは、ここしばらく成熟期に入っている。古くから存在する他の業界と同様、AI(人工知能)や機械学習がらみのイノベーションなど、さらなるイノベーションが望まれる。そのため管理部門はレガシーシステムを手放さざるを得なくなっている。輸送業界の新しいテクノロジー導入の中でも、コネクテッドカーやコネクテッドフリートの管理が注目を集めている。今後大きな変革を迎える業界がもう1つある。それは航空業界だ。

 2017年に全世界で運航されたフライト数は3680万便に上り、商業運航の乗客数は40億人を超える。フライト数と乗客数は共に上昇している。航空業界の技術革新は数十億人に影響することになる。

 航空機にも、大量データを収集する高性能テクノロジーが利用されている。燃料の消費量から天候システムまで、各航空機から得られるデータの量は驚くほど多い。複数の報告書によれば、データ収集のための高性能テクノロジーを装備した機体の製造が予定されているという。2027年までに、58%の航空機がこうした新世代の機体に変わるだろう。新世代の機体を利用する航空会社には、収集されるデータを分析して、優れたカスタマーエクスペリエンスを生み出すデータサイエンティストのチームが必要になる。本稿ではデータサイエンスによって、航空輸送業界が今後どのように進化するかを解説する。

データ活用で手荷物の取り違えを減らす

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...