2017年06月30日 05時00分 公開
特集/連載

IoTが燃料費で苦しむ海運業界を救う船の燃費はトン当たりだから効果絶大(1/2 ページ)

1908年、T型フォードの組み立てラインの登場で交通産業の新時代が幕を開け、そのすぐ後に発明ブームが起こった。それから100年、モノのインターネット(IoT)の導入によって、さらに新しい交通産業の時代が始まろうとしている。

[Andrew Morawski,TechTarget]
船舶関係では、世の中がIoTといい始めるかなり前から“IoT”的活用を可能にするツールが登場している。AISシステムもその1つだ

 IoT開発の急速な進歩に大きく寄与しているのが自動車産業だ。コネクテッドカーの実用化が進み、IoTは主流市場に成長した。Gartnerは、ネットワーク接続デバイスを搭載する車両の生産台数は2020年に6100万台まで増加すると予測している。だが、IoTを活用している輸送機器は自動車だけではない。

 鉄道、船舶、自転車でもIoTを導入して交通産業の新時代が始まりつつある。IoTは個人利用や相乗り、公共交通機関の安全性と効率性を高め、運行コストを削減し、移動をより快適にしている。

船舶のIoT活用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...