2019年01月19日 05時00分 公開
特集/連載

iOS 11からiOS 12で何が変わったのかiOS 12のユーザー認証はOAuthでどのように簡素化されたのか

OAuthはiOS 12でどのように使えるようになったのか、ユーザー認証の仕組みはどうなっているのか、また懸念すべき点は何か。本稿ではこれらについて解説する。

[Matt Schulz,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | 認証


画像

 Appleが「iOS 12」に認証プロトコル「OAuth 2.0」のサポート機能を追加したことで、開発者はiOSアプリのユーザー認証を簡略化できるようになった。OAuth 2.0は、Webサイトやモバイルアプリへのアクセス権付与をセキュアに実施するための認証方法に用いられるプロトコルだ。開発者はOAuth 2.0を利用し、低コストでモバイルアプリのユーザー認証を簡略化することが可能だ。

 OAuth 2.0を使えば、特定のアプリケーションを利用するために新しいアカウントを作成しなくても、ユーザーは既存のソーシャルメディアの認証情報を使ってそのアプリケーションを利用できる。ユーザーがアプリケーションにログインする際、認証情報を利用するソーシャルメディアを選択するだけで済む。ソーシャルメディアのプロバイダーがユーザー本人であることを確認すれば、ユーザーは自動的にそのアプリケーションを利用できるようになる。

OAuth 2.0でiOSアプリのユーザー認証を簡素化する仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...

news073.jpg

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...