2019年01月19日 05時00分 公開
特集/連載

iOS 11からiOS 12で何が変わったのかiOS 12のユーザー認証はOAuthでどのように簡素化されたのか

OAuthはiOS 12でどのように使えるようになったのか、ユーザー認証の仕組みはどうなっているのか、また懸念すべき点は何か。本稿ではこれらについて解説する。

[Matt Schulz,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | 認証


画像

 Appleが「iOS 12」に認証プロトコル「OAuth 2.0」のサポート機能を追加したことで、開発者はiOSアプリのユーザー認証を簡略化できるようになった。OAuth 2.0は、Webサイトやモバイルアプリへのアクセス権付与をセキュアに実施するための認証方法に用いられるプロトコルだ。開発者はOAuth 2.0を利用し、低コストでモバイルアプリのユーザー認証を簡略化することが可能だ。

 OAuth 2.0を使えば、特定のアプリケーションを利用するために新しいアカウントを作成しなくても、ユーザーは既存のソーシャルメディアの認証情報を使ってそのアプリケーションを利用できる。ユーザーがアプリケーションにログインする際、認証情報を利用するソーシャルメディアを選択するだけで済む。ソーシャルメディアのプロバイダーがユーザー本人であることを確認すれば、ユーザーは自動的にそのアプリケーションを利用できるようになる。

OAuth 2.0でiOSアプリのユーザー認証を簡素化する仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...