2019年01月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Chrome」をグループポリシーで管理する簡単な方法テンプレートで手軽に実現

Webブラウザ「Chrome」を管理するために、Windowsのグループポリシーを利用できる。順を追って、その具体的な方法を解説する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Google Chrome | Google | Windows


画像

 Webブラウザは、他のエンドユーザー向けアプリケーションほど複雑ではない。それでもIT担当者にとって、セキュリティポリシーの適用や更新管理などのWebブラウザ管理は手が掛かる業務だ。

 Googleの「Chrome」は、エンドユーザーの間で人気の高いWebブラウザだ。IT担当者は、Chromeの管理について知っておく必要がある。Webブラウザのスタートページ(起動時に表示するWebページ)を設定する、特定のWebサイトへのアクセスを制限する、サードパーティーのアドオンをブロックするといった、Chrome管理のためのポリシーを導入したいと考えるIT部門もあるだろう。

 ディレクトリサービス「Active Directory」を利用している企業は、ドメイン(コンピュータやユーザーの管理範囲)の管理下にあるコンピュータやユーザーに対して、共通のポリシーである「グループポリシー」を適用できる。グループポリシーでChromeを管理する必要のあるIT担当者は、Googleから直接、グループポリシーのテンプレートをダウンロードしなければならない。

 Chrome管理のためのグループポリシーテンプレートは、ADM形式とADMX形式のファイルとして入手できる。ADMファイルはグループポリシーの旧式のファイルテンプレートで、「Windows XP」「Windows Server 2003」およびそれ以前のOSで利用できる。IT部門が「Windows Vista」「Windows Server 2008」およびそれ以降のOSでChromeを管理するためには、現行版のグループポリシーテンプレートであるADMXファイルを必要とする。

グループポリシーテンプレートの導入方法

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...