2019年01月27日 05時00分 公開
特集/連載

テンプレートで手軽に実現「Chrome」をグループポリシーで管理する簡単な方法

Webブラウザ「Chrome」を管理するために、Windowsのグループポリシーを利用できる。順を追って、その具体的な方法を解説する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Google Chrome | Google | Windows


画像

 Webブラウザは、他のエンドユーザー向けアプリケーションほど複雑ではない。それでもIT担当者にとって、セキュリティポリシーの適用や更新管理などのWebブラウザ管理は手が掛かる業務だ。

 Googleの「Chrome」は、エンドユーザーの間で人気の高いWebブラウザだ。IT担当者は、Chromeの管理について知っておく必要がある。Webブラウザのスタートページ(起動時に表示するWebページ)を設定する、特定のWebサイトへのアクセスを制限する、サードパーティーのアドオンをブロックするといった、Chrome管理のためのポリシーを導入したいと考えるIT部門もあるだろう。

 ディレクトリサービス「Active Directory」を利用している企業は、ドメイン(コンピュータやユーザーの管理範囲)の管理下にあるコンピュータやユーザーに対して、共通のポリシーである「グループポリシー」を適用できる。グループポリシーでChromeを管理する必要のあるIT担当者は、Googleから直接、グループポリシーのテンプレートをダウンロードしなければならない。

 Chrome管理のためのグループポリシーテンプレートは、ADM形式とADMX形式のファイルとして入手できる。ADMファイルはグループポリシーの旧式のファイルテンプレートで、「Windows XP」「Windows Server 2003」およびそれ以前のOSで利用できる。IT部門が「Windows Vista」「Windows Server 2008」およびそれ以降のOSでChromeを管理するためには、現行版のグループポリシーテンプレートであるADMXファイルを必要とする。

グループポリシーテンプレートの導入方法

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

6秒動画広告が視聴者の感情に与える影響――Teads調べ
効果的な活用方法についてのKINEでは見解もまとめています。

news148.jpg

LINEの「リデザイン」が本格化、2019年の広告事業はこうなる
2018年8月に運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」を大幅刷新し2018年12...