2019年02月05日 05時00分 公開
特集/連載

Intel、AI用プロセッサ「NNP-I」を2019年に発売 画像認識や画像分類に力を発揮Amazon、Googleに対抗

Intelは新プロセッサ「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」を発表した。AI用のこのチップはFacebookとの共同開発で、画像認識や画像分類の分野で重要な機能を果たすという。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

Intel(インテル) | Facebook | 機械学習


photo

 Intelは2019年1月、人工知能(AI)ワークロード処理に特化したプロセッサ製品群を、新しいIntel AIチップで拡充すると発表した。新しいチップは、AIユーザー向けに推論を高速化できるように設計している。AI分野における推論は、ニューラルネットワークが学習データを基に、データを自動的に分類する機能を指している。

 家電見本市「CES 2019」でIntelが発表した「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」(NNP-I)は、Intelの新しいCPUマイクロアーキテクチャ「Ice Lake」に基づき、10ナノメートルプロセスで製造している。Facebookと協力して開発されており、2019年後半にリリースする。

 「これはわれわれにとって非常に大きな取り組みだ。われわれはXeonとCoreで成し遂げてきたことに加えて、この取り組みによってAIでも、新たな領域への進出を果たすことになる」。Intelの主席副社長兼データセンター事業本部長を務めるナビン・シャノイ氏は1月8日、CESでの基調講演の中でそう語った。XeonとCoreは、Intelの広く普及したプロセッサ製品ラインだ。

新しいAIチップ、NNP-Iの強みは?

 NNP-Iは推論の高速化に特化しており、AIワークフローを持つ企業の利用を想定している。このチップのベースは、Intelが2017年にリリースしたAIワークフロー処理に向いたプロセッサ製品ライン「Intel Nervanaニューラルネットワークプロセッサ」(NNP)だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...