2019年02月05日 05時00分 公開
特集/連載

Intel、AI用プロセッサ「NNP-I」を2019年に発売 画像認識や画像分類に力を発揮Amazon、Googleに対抗

Intelは新プロセッサ「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」を発表した。AI用のこのチップはFacebookとの共同開発で、画像認識や画像分類の分野で重要な機能を果たすという。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

Intel(インテル) | Facebook | 機械学習


photo

 Intelは2019年1月、人工知能(AI)ワークロード処理に特化したプロセッサ製品群を、新しいIntel AIチップで拡充すると発表した。新しいチップは、AIユーザー向けに推論を高速化できるように設計している。AI分野における推論は、ニューラルネットワークが学習データを基に、データを自動的に分類する機能を指している。

 家電見本市「CES 2019」でIntelが発表した「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」(NNP-I)は、Intelの新しいCPUマイクロアーキテクチャ「Ice Lake」に基づき、10ナノメートルプロセスで製造している。Facebookと協力して開発されており、2019年後半にリリースする。

 「これはわれわれにとって非常に大きな取り組みだ。われわれはXeonとCoreで成し遂げてきたことに加えて、この取り組みによってAIでも、新たな領域への進出を果たすことになる」。Intelの主席副社長兼データセンター事業本部長を務めるナビン・シャノイ氏は1月8日、CESでの基調講演の中でそう語った。XeonとCoreは、Intelの広く普及したプロセッサ製品ラインだ。

新しいAIチップ、NNP-Iの強みは?

 NNP-Iは推論の高速化に特化しており、AIワークフローを持つ企業の利用を想定している。このチップのベースは、Intelが2017年にリリースしたAIワークフロー処理に向いたプロセッサ製品ライン「Intel Nervanaニューラルネットワークプロセッサ」(NNP)だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...