2019年02月28日 05時00分 公開
特集/連載

経営戦略とセキュリティの方針の一致が鍵に10人のCISOが語る「きっと話題になる10の課題」

CISOはデータ処理から人員対策まで、任せられる役割が増えつつある。本稿では、2019年にCISOが直面するであろう10の課題とその解決策について取り上げる。

[Mary K. Pratt,TechTarget]
photo

 「現在CISOが直面している主要な課題は?」という質問に対して、FNTSのCISO(最高情報セキュリティ責任者)を務めるロバート・ラマグナ・ライター氏は、これまで以上にビジネスへの寄与を重視することだと答えた。FNTSはIT戦略とマネージドサービスのプロバイダーだ。同氏は「自身が優先すべき課題と、会社の経営幹部が真っ先に解決しようとしている課題を一致させようとしている最中だ。これに関しては、今後数カ月の間に集中的に取り組む予定だ」と話す。

 ライター氏や他のCISOは「組織が次年度のサイバーセキュリティ予算を確定し、2019年の戦略を策定してロードマップを更新する際に、幾つかの重要な問題が浮かび上がってくる。CISOの一番の優先事項は、まずCISOの役割をより戦略的で、ビジネス重視の立場に進化させることだ。次に新たな技術を駆使して、企業の枠を超えたセキュリティ強化に取り組むことだ」と語る。

今回は各社CISOに聞いた、2019年に議題の中心になるであろう10の課題をまとめた。

10人のCISOが2019年初頭に掲げる重要課題

1.社内での戦略的連携

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...