2017年01月20日 12時00分 公開
特集/連載

社長がセキュリティリスク? 調査で見えた“経営層の脆弱性”コンプライアンス基準への理解度が顕著な低さ

経営幹部の間で、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、さらに企業に影響するセキュリティのコンプライアンス要件に対する考えが曖昧であると、最新の調査で明らかになった。

[Michael Heller,TechTarget]

 クラウドとデータを管理するLiaison Technologiesが実施した調査では、中規模以上の米国企業に所属する上級管理者や経営幹部クラス479人を対象にセキュリティとプライバシーの義務について尋ねた。その結果、専門家も驚く答えが返ってきた。

 この調査では、調査に参加した経営幹部の47%が自社に適用されるデータのコンプライアンス基準をはっきりと理解していないことが判明した。さらに、「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」のコンプライアンスが自社に適用されると回答したのはわずか3%という結果になっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。