2019年03月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Update」でデータ消失 顔を真っ青にしないための事前準備Windows 10管理者であれば知っておきたい

「Windows 10」をアップデートするとき、IT担当者やエンドユーザーにとってさまざまな問題が発生する可能性がある。そのような場合に役立つトラブルシューティングのヒントを紹介する。

[Yuuki Nishida,TechTarget]
画像

 「Windows 10」のアップデートプロセスで、デスクトップセッションの中断やデータ損失、デスクトップの不具合などが発生すると、管理者は対応を迫られる。幸い、こうした問題の軽減に役立つツールやリソースがある。

 本稿では、IT担当者が知っておくべきWindows 10アップデートのトラブルシューティングのヒントを紹介する。

更新プログラムをダウンロードできない場合

 システム更新機能の「Windows Update」で更新プログラムをダウンロードできないときがある。その場合はまず「Windows Updateトラブルシューティングツール」を実行してみよう。このツールを実行すると、更新プログラムを簡単に復元してプロセスを完了することができる。

 Windows 10にはローカル版のWindows Updateトラブルシューティングツールがプリインストールされている。Microsoftが提供する最新のオンライン版をダウンロードすることも可能だ。

 Windows Updateトラブルシューティングツールを実行しても問題が解決しない場合は、「Microsoft Updateカタログ」を利用する。これは「Windows 2000」からWindows 10までの更新プログラムを提供しているWebサイトだ。Windows Updateでダウンロードできなかった更新プログラムのサポート技術情報(Knowledge Base)の番号を検索し、手動で更新プログラムをダウンロードできる。

 サードパーティー製ツールを利用する方法もある。例えばWindows Updateの標準クライアントソフトウェアの代替となる「Windows Update MiniTool」を使うと、専用ソフトウェアを使ってサーバから更新プログラムをダウンロードできる。

 いずれの方法でも問題を解決できなかった場合は、Windows Updateを完全にリセットして、ダウンロードできなかった更新プログラムや失われた更新ファイルを取得する。

新しい更新プログラムを事前にテストするには

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...