「Windows 10」、作業中の “悲劇の再起動”を防止するにはWindows Updateの適用が原因

作業中のタイミングで、Windows Updateが自動再起動してしまい、データが紛失した経験がある人も少なくないだろう。Windows 10では、その問題を解決する方法がある。

2016年06月03日 07時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
日本マイクロソフトのWindows 10紹介サイト《クリックで拡大》

 MicrosoftのOS「Windows」の更新管理機能「Windows Update」はデフォルト設定のままだと作業に支障を及ぼすことがあるが、設定を変更して更新と再起動のタイミングを指定することが可能だ。

 これまでのバージョンのWindowsは、最悪のタイミングで強制的に再起動をしていた。「Windows 10」では再起動が深夜になり、少し改善されたものの、勝手に再起動する部分は変わっていない。これにより「徹夜で作業をしているときに、急に再起動された」や「朝、出勤したら知らないうちに再起動が実行されていて作業中のデータが失われた」などのような災難を招く。この問題は、エンドユーザーにとってもIT管理者にとっても頭が痛い。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...