2019年05月07日 05時00分 公開
特集/連載

「AI」(人工知能)はなぜセキュリティツールに必要なのか?「AIセキュリティツール」の基礎知識【前編】

セキュリティ担当者の間で、AI技術を組み込んだセキュリティツールを利用する動きが広がっている。攻撃者に対して先手を取り、攻撃者が悪用する前に脆弱(ぜいじゃく)性が危険にさらされるのを防ぐためだ。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]
画像

 数十億台のデバイスがインターネットに接続するようになり、サイバー空間における脅威の状況がさらに複雑化している。スマートフォンやPC、サーバ、IoT(モノのインターネット)デバイス、クラウドアプリケーションなど、攻撃者が危害を加えようとする標的はかつてないほど多様化している。

 調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)によると、毎日39万〜100万種の新たなマルウェアの変種が出現しているという。平均的な企業では、毎日20万件以上のセキュリティイベントに対処している。「2021年までに世界で350万人ものサイバーセキュリティ人材が不足する」とセキュリティ調査会社Cybersecurity Venturesは予測する。脅威の状況が複雑化しているだけでなく、その脅威を管理するのが難しくなっているといえる。

「脅威インテリジェンス」をもたらすAI

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。