2019年09月17日 05時00分 公開
特集/連載

2019年、これまでの10大データ流出【後編】トヨタ販売店の顧客データ最大310万件流出など、世界のデータ流出事件

データ流出は世界中の企業で発生している。国内企業も例外ではない。2019年に判明した10大データ流出事件を振り返る本連載の後編は、トヨタ自動車で発生した不正アクセスなど、残る3つの事件を紹介する。

[Rob Wright,TechTarget]
画像

 前編「国民の約7割相当の個人情報が流出したブルガリア、犯人は20歳の青年」と中編「Citrixも被害 医療や金融も狙われた2019年のデータ流出事件」の2回で、2019年7月中旬までに発生した同年の10大データ流出事件のうち7件を取り上げた。後編は、トヨタ自動車が被害を受けた事件など、残る3件のデータ流出事件について紹介する。

8.LabCorp

 医療費回収の代行機関American Medical Collection Agency(AMCA)でデータ流出が発生し、医療関連企業3社がその影響を受けたことは、中編で紹介した通りだ。そこで取り上げた臨床検査会社Clinical Pathology Laboratories(CPL)以外の2社の事件について、以下で説明する。

 臨床検査会社Laboratory Corporation of America Holdings(LabCorp)は2019年7月13日、AMCAの情報流出の影響を受け、自社の患者の情報が漏えいしたことを発表した。LabCorpによると、同社は同年5月14日にAMCAから通知を受け、AMCAへの新規の医療費回収依頼と、それまでの依頼に関する追加業務を即時停止した。

 LabCorpは米証券取引委員会(SEC)に提出した書類で、患者約770万人の氏名、生年月日、住所、電話番号、受診日、保険会社、医療費の支払い残高が流出したと報告した。LabCorpと取引する一部の保険会社は、加入者識別番号として米国の社会保障番号を使用しているため、社会保障番号が盗まれた可能性もある。検査結果と診断情報は影響を受けていないという。LabCorpは社会保障番号が盗まれた可能性のある患者を対象に、機密情報の監視とID保護サービスを24カ月間無償で提供すると発表した。

9.Quest Diagnostics

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。