2020年02月22日 08時30分 公開
特集/連載

世界最軽量クラスの2-in-1高額PC「HP Spectre x360 15」はビジネスユーザーには“ぜいたく品”なのか?

HPのプレミアムノートPC「HP Spectre x360 15」の2020年モデルが登場した。技術見本市「CES 2020」の展示内容を基に、新モデルの特徴を紹介する。

[Jamison Cush,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC


 HPは技術見本市「CES 2020」で「HP Spectre x360 15」の新モデルを発表した。多くのビジネスユーザーの需要に応える高級モデルだ。それだけに価格も高い。納得できる「プレミアム」な性能をどれだけ有しているのだろうか。

HP Spectre x360 15

 「Windows 10」搭載の2-in-1デバイス(ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるデバイス)である「HP Spectre x360 15」の2020年モデルは、筐体サイズを大幅に縮小し、2019年モデルより小さくなった。15.6型ディスプレイを囲むベゼル(額縁)を極限まで細くすることで、13型前後のディスプレイを備える一般的なノートPCとほとんど変わらないサイズにまで小型化した(写真1)。

 ディスプレイ品質は多くのスマートフォンに匹敵する高さだ。HPがCES 2020で披露した2020年モデルのHP Spectre x360 15は、本体比90%のディスプレイに4K(4000×2000ピクセル前後)解像度の有機EL(OLED)パネルを採用し、同社が「True Black HDR」と呼ぶ高画質技術により、濃い黒と明るい白をはじめとする高度な色表現を実現する。

写真1 写真1 2020年モデルのHP Spectre X360 15(右)のサイズは2019年モデル(左)より小さい《クリックで拡大》

「4K」「OLED」は決して“ぜいたく”ではない理由

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...