2020年02月16日 09時30分 公開
特集/連載

10万円以下でQLEDディスプレイ搭載の2-in-1「Galaxy Book Flex α」の中身は?「Galaxy Chromebook」より安い

Samsung Electronicsの2-in-1デバイス「Galaxy Book Flex α」は、自社製テレビのハイエンドモデルに搭載する「QLED」ディスプレイを搭載しながら、構成要素を必要最小限に絞り込んで価格を抑えた。その中身とは。

[Jamison Cush, Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

2in1


 技術見本市「CES 2020」でSamsung Electronicsが披露した2-in-1デバイス(タブレットとしてもノートPCとしても使えるデバイス)が「Galaxy Book Flex α」(写真)だ。クライアントOSに「Windows 10」を搭載するGalaxy Book Flex αは、Samsungが2019年10月に発表した「Galaxy Book Flex」の後継機だと考えられる。

 Galaxy Book Flex αはプロセッサにIntelの第10世代の「Intel Core」を搭載する。ただしSamsungはまだ、具体的なプロセッサ名を明らかにしていない。メモリは8GBから、SSDは256GBから。インタフェースとしてUSB Type-CポートとUSB 3.0ポート、HDMIポート、microSDカードスロット、3.5ミリのオーディオジャックを備える。「Wi-Fi 6」(無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に基づき、業界団体Wi-Fi Allianceが定めた製品認証プログラム)準拠の無線LANモジュールや指紋読み取り装置を搭載する。Samsungによると、完全充電した場合のバッテリー持続時間は17.5時間。高速充電も可能だ。

写真 写真 2-in-1デバイスのGalaxy Book Flex α《クリックで拡大》

Galaxy Book Flex αの「QLED」ディスプレイ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。