2020年02月29日 08時30分 公開
特集/連載

「HP Elite Dragonfly」の注目機能 “のぞき見防止”とデバイス捜索とは?MacBook Airより軽く、デザインに配慮

デザイン性に配慮したHPの2-in-1デバイス「HP Elite Dragonfly」の新モデルは、外出先で安心して使うための機能を盛り込んでいる。技術見本市「CES 2020」の展示内容を基に説明する。

[Jamison Cush,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC


 技術見本市「CES 2020」でHPが紹介した「HP Elite Dragonfly」は、同社が2019年に発売した同名機種の後継モデルだ(写真1)。13.3型ディスプレイを備えたHP Elite Dragonflyは、薄型、軽量、高耐久という、ビジネス向け「Windows 10」搭載2-in1デバイス(ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるデバイス)にとって重要な特性を備えている。

 デザイン性も特徴の一つで、「ドラゴンフライブルー」と呼ばれるカラーと、CNC(コンピュータ数値制御)加工による頑丈なマグネシウム製筐体は、美しい外観と高耐久性を両立させている。環境にも配慮しており、HPによると機械部品の82%に再生材を使用している。

 最小構成の重量は1キロ未満で、Appleのノート型デバイス「MacBook Air」(1.25キロ)より200グラム以上軽い。360度開閉するヒンジを有し、タブレットモードと、筐体を逆V字型にするテントモードで利用できる。

 プロセッサとしてIntelの「Intel Core vPro」を搭載する。HP Elite Dragonflyは「5G」(第5世代移動体通信システム)による通信が可能なノートPCだ。米国では既にSprintが5Gの商用サービスを開始している。HP Elite Dragonflyが採用するLTE/5G両用モデム「Qualcomm X55」により、他の通信事業者の参入も期待できる。

写真1 写真1 CES 2020で展示されたHP Elite Dragonfly《クリックで拡大》

のぞき見防止と「Tilt」による追跡機能に注目

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...