2020年02月29日 08時30分 公開
特集/連載

「HP Elite Dragonfly」の注目機能 “のぞき見防止”とデバイス捜索とは?MacBook Airより軽く、デザインに配慮

デザイン性に配慮したHPの2-in-1デバイス「HP Elite Dragonfly」の新モデルは、外出先で安心して使うための機能を盛り込んでいる。技術見本市「CES 2020」の展示内容を基に説明する。

[Jamison Cush,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC


 技術見本市「CES 2020」でHPが紹介した「HP Elite Dragonfly」は、同社が2019年に発売した同名機種の後継モデルだ(写真1)。13.3型ディスプレイを備えたHP Elite Dragonflyは、薄型、軽量、高耐久という、ビジネス向け「Windows 10」搭載2-in1デバイス(ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるデバイス)にとって重要な特性を備えている。

 デザイン性も特徴の一つで、「ドラゴンフライブルー」と呼ばれるカラーと、CNC(コンピュータ数値制御)加工による頑丈なマグネシウム製筐体は、美しい外観と高耐久性を両立させている。環境にも配慮しており、HPによると機械部品の82%に再生材を使用している。

 最小構成の重量は1キロ未満で、Appleのノート型デバイス「MacBook Air」(1.25キロ)より200グラム以上軽い。360度開閉するヒンジを有し、タブレットモードと、筐体を逆V字型にするテントモードで利用できる。

 プロセッサとしてIntelの「Intel Core vPro」を搭載する。HP Elite Dragonflyは「5G」(第5世代移動体通信システム)による通信が可能なノートPCだ。米国では既にSprintが5Gの商用サービスを開始している。HP Elite Dragonflyが採用するLTE/5G両用モデム「Qualcomm X55」により、他の通信事業者の参入も期待できる。

写真1 写真1 CES 2020で展示されたHP Elite Dragonfly《クリックで拡大》

のぞき見防止と「Tilt」による追跡機能に注目

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。