2021年04月14日 18時00分 公開
特集/連載

聖マリアンナ医大病院、車いすを検知する自動ドア制御システムの実証実験NEWS

聖マリアンナ医科大学病院はAI技術を活用した画像分析の実証実験を実施する。エントランスで車いすの利用者をカメラ画像から検知し、自動ドアの開放時間を長くするなど安全の向上につなげる。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

制御 | データ分析 | 医療IT


 聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)は、デジタルサイネージとAI(人工知能)技術による画像解析を活用し、通行者の安心と安全に配慮した自動ドアの実証実験を、2021年4月19日から2021年6月30日まで実施する。カメラ画像から来院者の様態(車いすの有無など)を検知し、自動ドアの開閉スピードや開放時間を制御する。

サイネージで車いすの通行を表示し、来院者に注意喚起

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...