2021年04月14日 18時00分 公開
特集/連載

聖マリアンナ医大病院、車いすを検知する自動ドア制御システムの実証実験NEWS

聖マリアンナ医科大学病院はAI技術を活用した画像分析の実証実験を実施する。エントランスで車いすの利用者をカメラ画像から検知し、自動ドアの開放時間を長くするなど安全の向上につなげる。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

制御 | データ分析 | 医療IT


 聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)は、デジタルサイネージとAI(人工知能)技術による画像解析を活用し、通行者の安心と安全に配慮した自動ドアの実証実験を、2021年4月19日から2021年6月30日まで実施する。カメラ画像から来院者の様態(車いすの有無など)を検知し、自動ドアの開閉スピードや開放時間を制御する。

サイネージで車いすの通行を表示し、来院者に注意喚起

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...