聖マリアンナ医大病院、車いすを検知する自動ドア制御システムの実証実験NEWS

聖マリアンナ医科大学病院はAI技術を活用した画像分析の実証実験を実施する。エントランスで車いすの利用者をカメラ画像から検知し、自動ドアの開放時間を長くするなど安全の向上につなげる。

2021年04月14日 18時00分 公開
[ゼンフ ミシャTechTargetジャパン]

関連キーワード

制御 | データ分析 | 医療IT


 聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)は、デジタルサイネージとAI(人工知能)技術による画像解析を活用し、通行者の安心と安全に配慮した自動ドアの実証実験を、2021年4月19日から2021年6月30日まで実施する。カメラ画像から来院者の様態(車いすの有無など)を検知し、自動ドアの開閉スピードや開放時間を制御する。

サイネージで車いすの通行を表示し、来院者に注意喚起

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...