いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】

「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。

2021年06月10日 05時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 前編「いまさら聞けない『コンパイル言語』の基礎 メリットとデメリットは?」は、「コンパイル」をあらかじめ実施しておく必要があるプログラミング言語「コンパイル言語」を解説した。コンパイルは、ソースコードをプログラムに変換することだ。後編は、事前のコンパイルを必要としないプログラミング言語「インタープリタ言語」を取り上げる。

インタープリタ言語の基礎知識 具体例とメリット、デメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...