2021年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】

「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

 前編「いまさら聞けない『コンパイル言語』の基礎 メリットとデメリットは?」は、「コンパイル」をあらかじめ実施しておく必要があるプログラミング言語「コンパイル言語」を解説した。コンパイルは、ソースコードをプログラムに変換することだ。後編は、事前のコンパイルを必要としないプログラミング言語「インタープリタ言語」を取り上げる。

インタープリタ言語の基礎知識 具体例とメリット、デメリット

 インタープリタ言語では、ソースコードを逐次解釈する「インタープリタ」を使ってプログラムを実行する。代表的なインタープリタ言語には「Python」「JavaScript」などがある。インタープリタ言語のプログラムを実行する際は、コンピュータにインタープリタをあらかじめインストールしておく必要がある。

メリットとデメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...