2021年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】

「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。

[Cameron McKenzieTechTarget]

 前編「いまさら聞けない『コンパイル言語』の基礎 メリットとデメリットは?」は、「コンパイル」をあらかじめ実施しておく必要があるプログラミング言語「コンパイル言語」を解説した。コンパイルは、ソースコードをプログラムに変換することだ。後編は、事前のコンパイルを必要としないプログラミング言語「インタープリタ言語」を取り上げる。

インタープリタ言語の基礎知識 具体例とメリット、デメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...