2021年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

いまだ続く医療機関のランサムウェア被害、主な標的は病院ではない?ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第1回】

コロナ禍の最前線に立つ医療機関は、ランサムウェアという“もう一つの危機”に直面している。ハッカー集団は「攻撃しない」ことを表明しているが、実情はどうなのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に広がる中、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃を仕掛ける複数の集団が「パンデミック(世界的大流行)中は病院をはじめとした医療機関を標的にしない」と表明した。そのランサムウェア攻撃集団の1つが「Maze」だった。

 Mazeは2020年3月発表のプレスリリースで「パンデミックが収束するまで、あらゆる種類の医療機関に対する攻撃を停止する」と発表した。ところが表明の直後に、治験専門機関Hammersmith Medicines ResearchのデータがMazeのオペレーターによって不正公開された。このオペレーターは表明の数日前に同社を攻撃していた。2020年5月にも同じオペレーターが、形成外科医2人のデータを不正公開している。

「ランサムウェア被害の医療機関」は必ずしも「病院」ではない?

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...