2016年06月17日 12時00分 公開
特集/連載

大病院の診療もストップ、身代金ウイルス「ランサムウェア」の恐ろしさ特選プレミアムコンテンツガイド

端末に使用制限を掛けて“身代金”を要求する「ランサムウェア」の被害が広がっている。実例を基に、ランサムウェアの実態を探っていこう。

[TechTarget]
大病院の診療もストップ、身代金ウイルス「ランサムウェア」の恐ろしさ

 身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」。データを暗号化するといった手法で端末に使用制限を掛け、その制限の解除と引き替えに金銭を要求することから、そう名付けられた。最近では個人だけでなく企業や組織の被害も明るみに出ており、対策が求められている。

 人命を預かるハリウッドの大病院、Hollywood Presbyterian Medical Centerもランサムウェアの被害を受けた。攻撃によって同院のコンピュータシステムがダウン。保存していた過去の患者の診療記録にアクセスできなくなり、一部の外来患者は診療を受けられなかったという。

 人ごとではないランサムウェアの被害。企業はどう対処すべきなのか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料では、Hollywood Presbyterian Medical Centerの被害を中心にランサムウェアの脅威を整理し、対策を探る。


プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...