2021年06月16日 05時00分 公開
特集/連載

Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?TechTarget発 世界のITニュース

Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 脆弱性対策


 Appleは2021年5月3日(現地時間)、同社製端末向けOSの修正版として、「iOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「iPadOS 14.5.1」「macOS Big Sur 11.3.1」「watchOS 7.4.1」を公開した。いずれもWebサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性の修正を含んでいる。

 各OSのアップデートでAppleは「CVE-2021-30665」「CVE-2021-30663」の2つの脆弱性を修正した。同社はWebブラウザ「Safari」や同社製OSにWebKitを使用している。既にハッカーが2つの脆弱性を攻撃に悪用した可能性がある。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのユーザーが確認すべき点は

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...