Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?TechTarget発 世界のITニュース

Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。

2021年06月16日 05時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 脆弱性対策


 Appleは2021年5月3日(現地時間)、同社製端末向けOSの修正版として、「iOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「iPadOS 14.5.1」「macOS Big Sur 11.3.1」「watchOS 7.4.1」を公開した。いずれもWebサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性の修正を含んでいる。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのユーザーが確認すべき点は

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...