Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?TechTarget発 世界のITニュース

Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。

2021年06月16日 05時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 脆弱性対策


 Appleは2021年5月3日(現地時間)、同社製端末向けOSの修正版として、「iOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「iPadOS 14.5.1」「macOS Big Sur 11.3.1」「watchOS 7.4.1」を公開した。いずれもWebサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性の修正を含んでいる。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのユーザーが確認すべき点は

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...