2021年06月16日 05時00分 公開
特集/連載

Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?TechTarget発 世界のITニュース

Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 脆弱性対策


 Appleは2021年5月3日(現地時間)、同社製端末向けOSの修正版として、「iOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「iPadOS 14.5.1」「macOS Big Sur 11.3.1」「watchOS 7.4.1」を公開した。いずれもWebサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性の修正を含んでいる。

 各OSのアップデートでAppleは「CVE-2021-30665」「CVE-2021-30663」の2つの脆弱性を修正した。同社はWebブラウザ「Safari」や同社製OSにWebKitを使用している。既にハッカーが2つの脆弱性を攻撃に悪用した可能性がある。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのユーザーが確認すべき点は

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...