2021年06月16日 05時00分 公開
特集/連載

Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?TechTarget発 世界のITニュース

Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 脆弱性対策


 Appleは2021年5月3日(現地時間)、同社製端末向けOSの修正版として、「iOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「iPadOS 14.5.1」「macOS Big Sur 11.3.1」「watchOS 7.4.1」を公開した。いずれもWebサイトを表示させるためのレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱(ぜいじゃく)性の修正を含んでいる。

 各OSのアップデートでAppleは「CVE-2021-30665」「CVE-2021-30663」の2つの脆弱性を修正した。同社はWebブラウザ「Safari」や同社製OSにWebKitを使用している。既にハッカーが2つの脆弱性を攻撃に悪用した可能性がある。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのユーザーが確認すべき点は

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。