2021年06月09日 05時00分 公開
ニュース

米防衛関連企業がランサムウェア「Conti」に感染 身代金の要求額は?TechTarget発 世界のITニュース

ランサムウェア「Conti」に米国の防衛関連企業BlueForceが感染した。BlueForceとの交渉の中で、攻撃者は身代金をいくら要求したのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 米国の防衛産業の請負業者BlueForceが、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)「Conti」による攻撃を受けた。BlueForceへの攻撃は、マルウェア分析ツール「Hatching Triage」で取得したサンプル(検体)で明らかになった。サンプルは米TechTarget傘下のフランスのメディア企業LeMagITが取得し、TechTargetのセキュリティ取材班に共有した。

 Contiのサンプルには、BlueForceのシステムをContiに感染させたと主張する、攻撃者からのメモが含まれていた。

ビットコインで身代金を要求

 攻撃者によるメモは、次のような内容だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...