2021年06月24日 05時00分 公開
特集/連載

「ランサムウェア」が全攻撃の8割に、特定のポイントとは? Sophosの調査からTechTarget発 世界のITニュース

セキュリティベンダーのSophosがまとめた報告書によれば、大多数の攻撃は身代金を要求するランサムウェアに関するものだった。ランサムウェア攻撃を特定するためのポイントは何か。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 セキュリティベンダーのSophosが2021年5月18日(現地時間)に公開した報告書「The Active Adversary Playbook 2021」によると、同社が1年間に検出した攻撃の80%以上はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)に関連するものだった。

 Sophosはセキュリティに関するオンラインイベント「RSA Conference 2021」で、報告書の具体的な内容を発表した。同社は2020年から2021年初頭の1年間で検出した81件の攻撃について、ハッカーが被害者のシステムに滞留していた時間や、遠隔にあるコンピュータのデスクトップを操作するための通信プロトコル「RDP」(リモートデスクトッププロトコル)を介した攻撃の状況などを分析した。

調査で判明、ランサムウェア攻撃かどうかを見分ける“あの要素”

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...