2021年06月05日 05時00分 公開
ニュース

米司法省が「ランサムウェア」の被害抑止に本腰 国内外の連携強化へTechTarget発 世界のITニュース

米司法省(DOJ)は増大するランサムウェアの脅威に対抗するためのタスクフォースを結成した。被害抑止に向けて、どのような取り組みを進めるのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 米司法省(DOJ)はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)に関するタスクフォースを結成した。米TechTargetが入手したDOJの内部文書によれば、同タスクフォースはランサムウェアをはじめとしたデジタル型の恐喝の撲滅を目指す。DOJの刑事部門、国家安全保障部門、市民部門の3部門に加え、検事局と連邦捜査局(FBI)が参加する。この内部文書は司法副長官代行だったジョン・P・カーリン氏が作成した。

被害が広がるランサムウェア攻撃に対抗

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...