米司法省が「ランサムウェア」の被害抑止に本腰 国内外の連携強化へTechTarget発 世界のITニュース

米司法省(DOJ)は増大するランサムウェアの脅威に対抗するためのタスクフォースを結成した。被害抑止に向けて、どのような取り組みを進めるのか。

2021年06月05日 05時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

 米司法省(DOJ)はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)に関するタスクフォースを結成した。米TechTargetが入手したDOJの内部文書によれば、同タスクフォースはランサムウェアをはじめとしたデジタル型の恐喝の撲滅を目指す。DOJの刑事部門、国家安全保障部門、市民部門の3部門に加え、検事局と連邦捜査局(FBI)が参加する。この内部文書は司法副長官代行だったジョン・P・カーリン氏が作成した。

被害が広がるランサムウェア攻撃に対抗

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...