2021年07月05日 05時00分 公開
特集/連載

AI企業を買収する側とされる側、それぞれの事情AI市場に押し寄せるM&Aの波【前編】

新型コロナウイルスの流行に伴って、AIソフトウェア関連の合併買収(M&A)が活発化している。その背景には何があるのか。

[Paula Rooney,TechTarget]

 2021年の4〜5月の2カ月間に、AI(人工知能)ソフトウェア関連のM&A(合併と買収)が相次いだ。Microsoftは同年4月、200億ドルで音声認識ベンダーNuance Communicationsを買収すると発表。同年5月には機械学習ベンダーDataRobotがデータ分析ベンダーZeplの買収を、視線追跡ベンダーSmart Eyeが感情認識ベンダーAffectivaの買収を発表した。

 AIソフトウェアベンダーのM&Aは急ピッチで進んでいる。2021年前半に明らかになった注目すべき案件だけで、

  • パナソニックがSCM(サプライチェーン管理)ベンダーBlue Yonderの71億ドルでの買収を2021年4月に発表
  • 意思決定支援ベンダーBigBear(BigBear.aiの名称で事業展開)と同業のGigCapital4が両社の合併を2021年6月に発表
  • IBMがネットワークパフォーマンス管理ベンダーTurbonomicの買収を2021年4月に発表
  • 営業活動自動化ベンダーPeople.aiがCRM(顧客関係管理)システムの生産性向上ベンダーHero Researchの買収を2021年5月に発表

などが挙げられる。「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)分野では、UiPathがAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)管理ベンダーCloud Elementの買収を2021年3月に発表した。

M&Aが流行する背景

 「今後は間違いなくM&Aの案件が増える」と、調査会社Futurum Researchのアナリストであるフレッド・マクリマンズ氏は語る。その背景には何があるのか。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...