2021年07月05日 05時00分 公開
特集/連載

「Azure VNet」とは? 「Microsoft Azure」の仮想ネットワークサービス「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第3回】

「Microsoft Azure」の仮想ネットワークサービスである「Azure Virtual Network」(Azure VNet)は、どのようなサービスなのか。同サービスの主要な機能と特徴を説明する。

[Adam Bertram,TechTarget]

 Microsoftの仮想ネットワークサービス「Azure Virtual Network」(Azure VNet)は、仮想マシンサービス「Azure Virtual Machines」をはじめとする同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」との相互接続に加え、各Azureサービスとオンプレミスネットワークとの接続や、インターネットとの接続も制御する。

 Azure VNetで構築した仮想ネットワーク同士は、初期設定の状態では相互に分離された状態を保つ。ただし分離された仮想ネットワーク同士でも通信はできる。Azure VNetの仮想ネットワーク同士で相互通信するピアリング接続機能により、これらの仮想ネットワークはIPv4アドレスかIPv6アドレスを使って相互に通信できるようになる。

 前回の「『Amazon VPC』は何に使えるのか? ネットワーク制御機能と監視機能を整理」に続く本稿は、Azure VNetの主要な機能を説明する。

Azure VNetの基礎知識

 Azure VNetには、主に以下の機能がある。

  • インターネットやVPN(仮想プライベートネットワーク)を使ったAzureリソース(仮想マシンなど)同士の通信
  • Azureリソース間の通信
  • オンプレミスリソースとAzureリソース間の通信
  • ネットワークトラフィックのフィルタリング
  • ネットワークトラフィックのルーティング
  • Azureサービスとオンプレミスリソースの連携

 Amazon Web Servicesの仮想ネットワークサービス「Amazon Virtual Private Cloud」(Amazon VPC)と同様、Azure VNetはルーティングテーブルを使用して、ネットワークにおけるデータの流れを制御する。Azureは、カスタマイズ可能なルーティングテーブル(UDR:ユーザー定義ルート)を用意する。Microsoftの仮想ネットワークゲートウェイサービス「Azure VPN Gateway」により、Azure VNetの仮想ネットワークと他のネットワーク間のデータの流れをUDRで制御することも可能だ。

 IT管理者は、ルーティングプロトコルの「BGP」(Border Gateway Protocol)でルーティングすれば、オンプレミスネットワークをAzure VPN Gatewayに接続できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...