医学データ分析における「リレーショナルデータベース」の限界とは小児がん研究と「グラフデータベース」の可能性【後編】

デンマーク工科大学は、小児急性リンパ性白血病の研究データ処理にTigerGraphのグラフデータベース製品群を採用した。その理由は。従来のリレーショナルデータベースにはどのような「限界」があるのか。

2021年07月06日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 小児急性リンパ性白血病の診断率と治療率を向上させるための研究に、グラフデータベースを活用しているデンマーク工科大学(Technical University of Denmark)。前編「デンマーク工科大学が小児がん研究に『グラフデータベース』を活用する理由」に続く後編は、同校におけるグラフデータベースの具体的な役割を解説する。

リレーショナルデータベースの限界、グラフデータベースの可能性

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...