2021年09月15日 05時00分 公開
特集/連載

“不正アクセスのプロ”が被害企業の名前を明かさない「ダークな理由」ダークWeb潜入レポート【後編】

攻撃者は企業のネットワークやデータへのアクセス権を不正に入手して、ダークWebの闇市場で売りさばいている。闇市場での取引における、売り手と買い手の思考を探る。

[Shaun Nichols,TechTarget]

 脅威インテリジェンスベンダーIntSights Cyber Intelligenceは、ダークWeb(特定の手段でのみアクセスできるWebサイト群)の闇市場で潜入調査を実施し、報告書にまとめた。IntSightsが調査対象としたのは、攻撃者によるネットワークアクセス権の不正販売46案件だ。

 IntSightsの研究者は、闇市場の売り手の「口の堅さ」を指摘する。企業のネットワークに不正アクセスした攻撃者は、その企業に関する秘密を守り、売買が成立するまでその企業名を決して明かさない。それはなぜか。

「口が堅い」闇市場の売り手

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...