2021年09月15日 05時00分 公開
特集/連載

“不正アクセスのプロ”が被害企業の名前を明かさない「ダークな理由」ダークWeb潜入レポート【後編】

攻撃者は企業のネットワークやデータへのアクセス権を不正に入手して、ダークWebの闇市場で売りさばいている。闇市場での取引における、売り手と買い手の思考を探る。

[Shaun Nichols,TechTarget]

 脅威インテリジェンスベンダーIntSights Cyber Intelligenceは、ダークWeb(特定の手段でのみアクセスできるWebサイト群)の闇市場で潜入調査を実施し、報告書にまとめた。IntSightsが調査対象としたのは、攻撃者によるネットワークアクセス権の不正販売46案件だ。

 IntSightsの研究者は、闇市場の売り手の「口の堅さ」を指摘する。企業のネットワークに不正アクセスした攻撃者は、その企業に関する秘密を守り、売買が成立するまでその企業名を決して明かさない。それはなぜか。

「口が堅い」闇市場の売り手

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。