2021年09月15日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウドRPA」の「粗悪なbotの大量発生」を防ぐ仕組みとは「クラウドRPA」基礎ガイド【後編】

クラウドサービス形式のRPAソフトウェア「クラウドRPA」は、管理者のbot管理を容易にする。具体的にどのような管理面のメリットをもたらすのか。

[George Lawton,TechTarget]

 「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)ソフトウェアのクラウドサービス「クラウドRPA」を利用することで、企業は「bot」と呼ばれるソフトウェアロボットを容易に開発できるようになる。中編「『クラウドRPA』がもたらす『RPA』×『API』のメリットとは?」に続く本稿は、クラウドRPAの管理方法を説明する。

「粗悪なbotの大量発生」を防ぐ仕組みとは

 企業はクラウドRPAを利用することで、ローカルPCで動作するbotに対して、管理者がリモートで管理方法や設定を変更できる。これによりガバナンスを強化でき、組織内のエンドユーザーが開発、実行する全てのbotを管理者が把握できるようになる。

 管理者はガバナンスが適切に実装されていることを確認する必要がある。「RPAソフトウェアをシチズンデベロッパー(市民開発者)に与えれば、結果的に、不出来な設計で開発された多数のbotを、組織のIT部門が管理する事態に陥る可能性がある」と、業務システムの導入支援を手掛けるQ4 Associatesのエグゼクティブディレクター、モーリス・ダビー氏は言う。クラウドRPAでbotの利用状況を可視化し、管理の一部をクラウドRPAに任せられるようになれば、そのリスクを軽減できるとダビー氏は解説する。

 ITコンサルティング会社Deloitte Consultingのマネジャーを務めるエバン・クルーガー氏は、ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみでアプリケーションを開発できる「ノーコード/ローコード開発」ツールによる自動化よりも、クラウドRPAの方が組織のリスク管理や業務に役立つと考える。クラウドアプリケーションに移行する組織の増加に伴い、クラウドRPAに対する需要の増大は加速するとみられる。クラウドサービスを通じて自動化機能を開発、共有する開発者が、そうした加速を後押しする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。