2022年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

命令型プログラミングと宣言型プログラミングの「ソースコード」の違いとは?命令型プログラミングと宣言型プログラミングを比較する【中編】

「命令型プログラミング」と「宣言型プログラミング」のソースコードには、それぞれの仕組みに基づいた違いが現れる。開発者が意識すべき両者の違いを取り上げる。

[Twain TaylorTechTarget]

 開発者が慣れ親しんできたプログラミング体系「命令型プログラミング」の傍らで、近年台頭してきたのが「宣言型プログラミング」だ。本稿は両者の主な4つの違いのうち、1つ目と2つ目を解説する。

違い1.処理の指示方法

 命令型プログラミングのソースコードは、処理の流れを中心に指示する。開発者は、プログラムが実行する演算内容を明示的に記述しなければならない。

 宣言型プログラミングでは、開発者は処理内容を明示的に記述しない。その代わりに、処理のトリガーとなる条件を指定し、実行順序をプログラムが決定できるようにする必要がある。

違い2.ソースコードの複雑さ

 命令型プログラミングのソースコードは、ステップごとの処理を示した厳密な構造だ。開発者にとってソースコードの内容を理解することは比較的たやすい。一方で管理するソースコードの量が大量になる可能性がある。

 宣言型プログラミングのソースコードは、実行の順序や制御の流れを重視しない。そのため具体的な処理が分からず、開発者がソースコードの内容を理解しづらくなる可能性がある。


 後編は3つ目と4つ目の違いを整理する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...