プログラマーが「ソースコード生成AI」を手放せなくなる理由はこれだジェネレーティブAIへの心構え【第2回】

GitHubは、AI技術によるソースコード生成サービス「GitHub Copilot」を提供している。同社のCEOは、ジェネレーティブAIが開発者に与える影響をどう考えているのか。

2023年03月23日 08時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 業務効率


 テキストや画像などを自動生成する人工知能(AI)技術「ジェネレーティブAI」が盛り上がりを見せている。ソースコード共有サービスベンダーのGitHubのCEO、トーマス・ドムケ氏は、特にソフトウェア開発者にとってジェネレーティブAIが大きな影響を及ぼし得ると指摘する。それはどういうことなのか。

開発者が「ソースコード生成AI」を手放せなくなる理由

 プログラミングにおけるジェネレーティブAIの役割についてドムケ氏は、AIベンダーOpenAIの「ChatGPT」などのAIチャットbot(AI技術を活用したチャットbot)が「新しい学習方法を生み出す」と考える。例えばチュートリアルや筋書きのある教材を通じて、AIチャットbotと対話しながら自分のペースで学ぶことができるようになるという。

 「ジェネレーティブAIは、開発者の創造性を高められる可能性がある」とドムケ氏は主張する。同氏は実際に開発者の創造性の高まりを「GitHub Copilot」で目の当たりにしているという。GitHub Copilotは、AI技術を活用してソースコードを自動生成するジェネレーティブAIだ。GitHubと、AIベンダーOpenAIが、GitHub Copilotを共同開発した。

 GitHub Copilotは、ソースコード生成に特化したAIモデル「OpenAI Codex」を使ってソースコードを提案する。GitHub Copilotを使い始めたばかりの開発者は、自身に関する情報を一切GitHub Copilotに与えていない状態だ。開発者は、GitHub Copilotが提案したソースコードが気に入らなければ、それを拒否できる。GitHub Copilotはそうして開発者が受け入れたソースコードと拒否したソースコードを徐々に学習し、開発者のコーディングスタイルに順応する。

 「初めはGitHub Copilotに懐疑的だった開発者も、数日後には感心の声を漏らす瞬間が訪れる」とドムケ氏は指摘。さらに数週間後には「GitHub Copilotなしでは仕事ができなくなる」(同氏)という。


 第3回は、Meta Platforms(旧Facebook)が提供するAIチャットbotを取り上げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...