たとえ枯れても「Javaしか勝たん」10個の理由TechTargetジャパンエンジニア読本集

「Java」は歴史あるプログラミング言語であり、一部の開発者にとっては目新しい存在として映らない可能性がある。だがそうした認識は誤りだ。あらためてJavaの“真実”に目を向けよう。

2023年08月10日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」は、開発分野において一定の地位を保ち続けてきた。そうしたJavaに対して「新しいプログラミング言語と比べて魅力的ではない」「“枯れたプログラミング言語”だ」と考える開発者は少なからずいる。

 実はJavaは変化し続けており、開発者が興味をそそられる話題を次々に提供し続けている。本資料は、開発者が今こそJavaに目を向けるべき10個の理由を取り上げる。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:今こそ「Java」な“これだけの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...