2014年02月28日 17時30分 UPDATE
特集/連載

週間記事ランキング 安いは正義 3万円台Office付きWindowsタブレットの気になる性能

Microsoft Officeが使えて3万円台という話題のDell製品を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

[TechTargetジャパン]

 今週最も多く読まれた記事は、「徹底レビュー: Officeも付いて3万円台、格安Windows 8.1タブレット『Dell Venue 8 Pro』の性能は?」でした。日本では64Gバイトのストレージ容量のタイプが3万9980円で販売される米Dellの「Dell Venue 8 Pro」。主要なベンチマークツールなどを使った検証を行い、価格と性能とのバランスにも言及しています。

 2位の「絶対に捨てられない『Windows XP』システムをそれでも温存するには?」は、仮想化しても、差し迫ったサポート終了の問題解決にはならない「Windows XP問題」についての記事です。とにかく旧システムを温存したいユーザーに、セキュリティリスクを最小限に抑える方法を解説しています。

 3位には「高価な『Microsoft Office』が一人勝ちするのはなぜか?」が入りました。代替ソフトが増えてきたのに、依然として多くの企業がMicrosoft Officeを使う理由を探っています。代替ソフトとMicrosoft Officeを価格、機能など多方面から比較、考察しています。

 4位のセキュリティ関連記事「Apple社員も被害、『水飲み場型攻撃』の脅威とは」は、標的がよく見るWebサイトを改ざんし、待ち伏せてマルウェアに感染させるという「水飲み場型攻撃」と呼ばれる攻撃手法を取り上げています。2014年、この種の攻撃が増加する恐れがあり、代表的な被害事例や具体的な手口について解説しています。

 5位には、「流通ジャーナリスト・金子哲雄さんが選んだ“自分らしい『死に方』”とは?」が入りました。2012年10月に41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリストが、ITを活用した周囲とのコミュニケーションによって、いかにして自分を支え続けたか。その日々を家族の話などを交えてつづった記事です。

 6位の「セキュリティ対策“最後の砦”、『サンドボックス」とは何か』は、実環境に影響を与えない仮想環境を利用し、未知のマルウェアやスパムを見つけ出す「サンドボックス」と呼ばれる製品についての記事です。日本では黎明期のさらに前段階の普及状況とのことで、今後注目される技術といえます。

 7位には「タブレット授業のプロが明かす、学校のIT活用を阻むハードルとは?」がランクインしました。学校などの教育機関がIT活用を進める上での障壁を、教育現場へのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」の3者による議論で明らかにします。

 8位のWindows XP関連記事「『Windows XPサポート切れ』にまつわる勘違いを正す5つのヒント」は、サポート終了まで時間がなくなったこの問題について、最低限確認しておきたい5つの項目を挙げて解説します。

 9位は「従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている」が入りました。数百、数千人の従業員による現金や商品の盗難を、POSシステム、ERPシステム、勤怠管理ソフトウェア、在庫管理システムなどから集約したビッグデータを分析し、素早くチェックするという海外の小売企業の取り組みをリポートしています。

 10位は「『Dropbox』の業務利用が冗談でなくなる『for Business』の実力」が入りました。一般ユーザー向けクラウドストレージサービスとして普及しているDropboxが、ビジネス利用向けに大幅に機能強化しました。強化された機能に関する評価が厳しく行われています。

 興味を持たれた記事はありましたでしょうか。来週もお楽しみに。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...