2014年03月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2014年のサイバー攻撃動向、SANS専門家が予想あらゆるモノがハッキングされる、2014年最も危険な7つの攻撃手段とは

モバイルや無線などのプラットフォームは大きなリスクをもたらし、「あらゆるモノのハッキング」がエンタープライズ環境に投げ掛ける脅威も増大している。

[Kathleen Richards,TechTarget]

 米サンフランシスコで2014年2月25日(米国時間)に開かれた「RSA Conference 2014」において、情報セキュリティ教育の専門機関、米SANS Institute(以下、SANS)のメンバーが情報セキュリティ専門家を前に、危険な攻撃の手口に関する2014年の見通しについてプレゼンを行い、攻撃を防ぐための戦略を紹介した。

1.モバイルや無線が攻撃手段に使用される

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...