2015年02月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

過去23年間で最大の製品発表と自信HANAデータベース専用のERP新製品「SAP S/4HANA」に期待と不安の声

独SAPは「SAP S/4HANA」を大々的に発表したが、同社の「Business Suite」がインメモリデータベースのHANAにどの程度まで移行するのか、また移行パスはどうなるのかといった部分が不明だと指摘するアナリストもいる。

[David Essex,TechTarget]

関連キーワード

SAP | SAP HANA | ERP | Oracle(オラクル) | SaaS


jo_tt_150226_erp.jpg

 独SAPは2015年2月3日(米国時間)、「過去23年間で最大の製品発表」と銘打って、同社の次世代のERPプラットフォームを披露した。「SAP Business Suite 4 SAP HANA」(以下、SAP S/4HANA)と名付けられたこのソフトウェアは、SAPが2014年春に打ち出したユーザーフレンドリーな「Run Simple」というテーマに沿った取り組みで最大の成果だという。

 米ニューヨークで業界関係者や財務アナリストを招いて行われた発表会で、SAPのビル・マクダーモット最高経営責任者(CEO)は、SAP S/4HANAについて「SAPのコアERP(経営資源計画)技術を大幅に変更し、当社のインメモリデータベースであるHANA上で動作するようにした」と説明した。「そのためには巨大なコアを一から作り直す必要があった」とマクダーモット氏は語り、「今日は歴史的な日であり、20世紀のIT技術とそれに付随する複雑性の終わりの始まりであると、われわれは考えている」と付け加えた。

ERP製品の中でもユニークな「SAP S/4HANA」とは?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...