2015年04月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

自社クラウドサービスにも採用AWSすら青ざめる? 中国“アリババストレージ”の衝撃

中国Alibaba Groupのインフラエンジニアがコールドストレージエンジンのプレビュー版を公開した。これは同社のクラウドサービス「Aliyun」の基盤技術となる可能性がある。

[Carol Sliwa,TechTarget]
jo_tt_150418_kit.gif

 大手のオンライン企業が提供するデータストレージサービスが増えており、ITのコスト削減を試みるIT担当者から注目を集めている。2015年3月11日に開催されたLinuxのストレージとファイルシステムのカンファレンス「Vault 2015」では、中国Alibaba Groupがオープンソースベースのコールドストレージエンジン「Lambert」(開発名)を公開した。

 Alibaba Groupでは、持続性の高い低価格なストレージとしてLambertを設計している。Lambertでは、オープンソースソフトウェア(OSS)の分散型オブジェクトストレージ「Sheepdog Project」と低速なHDD、低電力のコモディティサーバを使用している。ほとんどアクセスしないデータを含めたEバイト規模のデータ容量まで拡張できる。

AWSの「Amazon Glacier」よりも安い?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...