2017年05月16日 09時00分 UPDATE
特集/連載

成功するテレワークの条件とは【後編】「顔が見えない部下は管理できない」は幻想 テレワークがうまくいく組織文化とは (1/2)

オンライン秘書サービスを提供するキャスターの従業員は95%が在宅勤務だ。同社の組織文化やルールには、テレワーク制度を確実に運営するための要素が詰まっている。

[重森 大,著]
中川祥太氏 キャスターの中川祥太氏

 秘書、経理、Web担当などのサービスをオンラインで提供するキャスターは、創業当初からテレワークを前提とした組織作りに取り組んできた。テレワークという新しい働き方を通じて、ビジネス、採用、そして組織運用に至るまで、数々なメリットが生まれているという。

 「働き方改革」が叫ばれる中で、独創的な取り組みで成果を挙げる同社がどのようにリモートワーカー中心の組織を作り、運営しているのか、代表取締役社長を務める中川祥太氏に話を聞いた。前編「テレワーク成功の鍵は生産管理、従業員の95%が在宅勤務の『オンライン秘書』に学ぶ」では、同社のビジネスとIT活用にスポットを当てた。後編となる本稿では、中川氏が考える「成功するテレワークと組織運営」の具体的な手法を掘り下げていく。

従業員の95%がテレワークという“未来の会社”

CasterBiz オンラインアシスタントサービス「CasterBiz」のWebサイト《クリックで拡大》

 キャスターのBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスは全てオンラインで提供している。キャスターのビジネスの特徴は、サービスだけでなく、その提供基盤もオンライン環境に構築している点、そして約150人の従業員のうち95%がテレワークをしている点だ。

 「既存のビジネスにテレワークを持ち込むのではなく、創業の段階から完全にテレワークを前提とした会社組織を作っています」と中川氏は語る。そのため働き方も制度も他の一般的な企業とは大きく異なる。「会社紹介をするときには、よく『未来から来た会社です』と言っています」

 キャスターに出社義務のある従業員はいない。オフィスも小ぢんまりとした事務所だ。中川氏自身も含め、オフィスで対応した方がいい業務(本社機能に関する管理業務など)がある場合だけ従業員は出社するというが、それもオフィスの近くに住んでいる従業員に限った話なので、大掛かりな事務所や設備自体が不要なのだ。

 こうしたコストメリットは分かりやすいが、同社がテレワークにこだわる本当の理由は、そこにはない。少子高齢社会の日本では、労働力人口が減り続けている。こうした環境の変化に対して、従来通りの組織作りでは対応できない。キャスターがテレワークにこだわるのは「この環境だからこそ作れるサービスがあるからです」と中川氏は言う。「ビジネスだけではなく、人材採用においても勝機があります」

 労働人口の減少は喫緊の社会問題だ。しかし政府が働き方改革の旗をかざしても、新しい働き方をうまく取り入れられる企業はそう多くない。テレワークは特に注目されている働き方だが、普及は緩やかだ。

テレワークをうまく導入できない企業は、生産性の管理ができていない

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...