2017年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

先進校の取り組みから見えた可能性と課題「プログラミング教育」を一般教科にどう盛り込むか? 前原小学校の実践から探る (1/2)

2016年からプログラミング教育に取り組む小金井市立前原小学校は、一般教科の中にプログラミングを盛り込む試みを始めた。次期学習指導要領を先取りしたこの取り組みから、プログラミング教育の可能性と課題を探る。

[栃尾江美,著]

関連キーワード

教育 | 教育IT | プログラミング


写真 前原小学校の松田 孝氏。前任校の多摩市立愛和小学校に引き続き積極的なプログラミング教育に取り組む

 2020年4月から順次実施となる次期学習指導要領には、小学校でのプログラミング教育に関する記述がある。算数や理科、総合的な学習など、各教科の中でプログラミング教育の要素を盛り込んでいく方針だ。各教科のどの単元でどのように実施するかは、学校や教員の裁量になるという。

 東京都の小金井市立前原小学校は2016年以降、「総合的な学習の時間」から年35コマを割り当て、アイコンの組み合わせといった視覚的なプログラミングを可能にする「ビジュアルプログラミング」中心のプログラミング教育に取り組んできた。そんな同校は今、次期学習指導要領を踏まえて、各教科の授業にプログラミングを取り入れる挑戦を進めている。

 現在、前原小学校が取り組んでいるのが、6年生の理科の授業にプログラミング教育を取り入れる試みだ。同校の校長、松田 孝氏は取り組みの推進に当たって、東京学芸大学准教授の加藤直樹氏、子ども向けプログラミング教室を運営するCA Tech Kids代表の上野朝大氏、教材の製造販売を手掛けるアーテック取締役の福永正人氏などに協力を仰いだ。

 前原小学校が公開したプログラミング活用授業の様子を紹介しながら、プログラミング教育の可能性と課題を整理する。

理科の授業に「Studuino」「Scratch」を活用

 2017年6月に公開した授業では、血圧や心拍といったバイタルサインの計測にプログラミングを活用する2種類の演習を実施した。1つ目の演習は、脈拍が一定以上になると通知するようなプログラムの作成だ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...