TechTargetジャパン

事例
人気ECサイトに学ぶ、パーソナライズされたサービスを成功させるテスト環境
 ECサイトでは、会員に新鮮な情報を提供し続けるために、タイムリーな特集記事を用意したり、画像や文章を小まめに更新したりするような努力を日々重ねている。その流れの中で、多くの企業が重視するようになったのが、一人一人の顧客ニーズに合わせたマーケティングだ。(2016/7/26 提供:株式会社システムエグゼ)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
 ECサイトを訪問すれば自分の好みに合った商品が提案され、ひいきにしている店舗に近づくとスマートフォンに割引クーポンが送付される――。こうした個人に関する情報を基にした販売促進手法が、個人にもたらすメリットは大きい。事業者が手にした情報をどう扱うかはもち...(2016/4/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

製品資料
スマホ・タブレット・実店舗レジが連携、中小企業でも無理なくECサイト開設
 ECサイトの構築管理は、全てを外部委託すると思わぬコストで撤退を余儀なくされるケースもある。しかし内部で構築から運用まですると、各機能に応じてツールやサービスが個別に必要となり、管理負担から展開が鈍り、目指した業績に届かないケースもある。 ECサイトの課...(2016/2/22 提供:株式会社テンダ)

事例
本番データ同等のテストデータを毎朝生成、オイシックスのサイトが急進化できるワケ
 Webビジネスを事業の柱とする企業にとって、これからの「個」客マーケティングを展開するために、テストデータの品質向上と作成工数の削減は大きな課題だ。顧客の属性やニーズが常に流動的である以上、マーケティング戦略に沿った多種多様なサービス開発やデザイン変更...(2016/2/5 提供:株式会社システムエグゼ)

事例
SNS、スマホ時代の効果的なメールマーケティング活用事例
 今やほとんどの企業、組織がメールマーケティングの重要性を認識し、活用している。だが、SNSの台頭やスマートデバイスの普及など、顧客との接点は数年前とは大きく違っている。プッシュ型の情報配信ツールとして、あるいはOne to Oneのコミュニケーションツールとして...(2016/1/15 提供:ユミルリンク株式会社)

Webキャスト
AWSだけがクラウドではない、プライベートクラウドが必要な本当の理由
 パブリッククラウドを導入してみたら、コスト、運用の手間、パフォーマンスが期待ほどではなかったという声もある。これはオンプレミスと同じ感覚でパブリッククラウドを使うという姿勢に問題がある。 クラウドの使い方には適したパターンがある。本Webキャストでは...(2015/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
アプリケーションのパフォーマンス低下問題、その原因をソースコードレベルにまで追跡する
 アプリケーションのパフォーマンス低下は、ユーザーが社員である場合、業務効率性の低下や停滞を発生させ、さらにユーザーが顧客や消費者であるECサイトの場合、ビジネスの成果に直接影響を及ぼす。こうした問題を回避するには、エンドユーザー側の実際のパフォーマンス...(2015/11/17 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
現場部門が直接SASを使って自由に分析、One to Oneマーケティングを実現
 消費者のニーズを正確につかむことは昔からビジネスの基本とされてきたが、1人1人の顧客ニーズをより深く知る「One to Oneマーケティング」の具体化はまだまだ先だとされてきた。しかし近年、ビッグデータの活用が注目され、One to Oneマーケティングの実現性に多くの期...(2015/11/12 提供:日本情報通信株式会社)

レポート
現在のPOSシステムの先にあるもの、統合コマースプラットフォームによる未来とは
 全米小売協議会(NRF)とアリゾナ大学が2014年に発表した報告書によると、70%の小売企業が今後3年間のうちに老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」の構築だ。これは従来の複数システム上に...(2015/10/30 提供:デマンドウェア株式会社)

レポート
ECサイト売り上げトップ50のメルマガ配信を調査、ユーザーに読まれる配信タイミングはどこか?
 メールマガジンを既に発行していたり、これから開始しようと準備を進めている企業にとって、他社がどのような形態や形式でメルマガを発行・配信しているか、大いに気になるところだろう。しかし参考にしたくとも、海外発の調査資料は散見されるものの、国内企業に関する...(2015/9/7 提供:ユミルリンク株式会社)

レポート
オンラインバンキング詐欺を7ステップで解説、そのセキュリティ対策とは?
 既に、1つの産業と化しているマルウェア産業は、金融詐欺やデータ盗用を容易に実行するあらゆるコンポーネントを供給している。そして今日では、非常に幅広い企業がマルウェア主導のサイバー犯罪に狙われている。オンラインバンキング詐欺の標的にされがちな銀行・信用...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2015/6/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
スマートフォンのアクセス増に備える、下着通販大手ピーチ・ジョンのCDN選定ポイント
 最近、ECサイトに対するアクセス数の急増で課題を抱える企業が増えている。アクセス数の急増の背景には、主にスマートフォン経由のアクセス増が挙げられる。かつてのPCサイトに対するアクセスの増加ペースを基準にしていると、予測以上のアクセス急増が起き、サーバの対...(2015/6/19 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

事例
高級ブランド「Bally」が中国向けWebサイトの読み込み時間を81%短縮できたわけ
 1851年にスイスで創立された高級皮革製品ブランド「Bally」は、中国国内でのビジネス展開を許された初めての高級ブランドの1つだ。同社のような外資系企業が中国でeコマースビジネスを展開する場合、中国政府が施行する「グレートファイアウォール(中国のインターネッ...(2015/5/21 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
絶対に止められないWebサイト/Webアプリ 構築・運用完全ガイド
 今や社内システムでもコンシューマー向けサービスでも一般的な存在となったWebシステム。基幹システムを含む数多くの業務システムのWeb化が進んだ今、Webシステムに対する企業のニーズは高まる一方だ。特に重要なのが、パフォーマンスとセキュリティへの配慮である。重...(2015/3/26 提供:株式会社ラック)

事例
SNS、スマホ時代の効果的なメールマーケティング活用事例
 今やほとんどの企業、組織がメールマーケティングの重要性を認識し、活用している。だが、SNSの台頭やスマートデバイスの普及など、顧客との接点は数年前とは大きく違っている。プッシュ型の情報配信ツールとして、あるいはOne to Oneのコミュニケーションツールとして...(2015/2/12 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
大手通販会社が選んだ「成果を出し続ける」メール配信システム
 ECサイトを運営する企業にとって、顧客へのメール配信は重要なマーケティング戦略の1つだ。多くのメール配信サービスから、より効果の高いサービスを選ぶポイントはどこにあるのか。成果を出すためのメルマガ配信を選ぶ3つのポイントを紹介する。・きめ細かいセグメント...(2015/1/30 提供:株式会社エイジア)

事例
セブンネットショッピングのPCI DSS取得と安全を支えるストレージとは?
 本やCD、DVD、ゲームなどのコンテンツをはじめ、幅広い商品を扱うセブン&アイグループのECサイト「セブンネットショッピング」を運営するセブン&アイ・ネットメディア。同社では、ECサイトの情報セキュリティ対策の一環として、クレジットカード業界が準拠するセキュ...(2014/12/1 提供:日本電気株式会社)

事例
ファンケルのメルマガはなぜ開封されるのか? 顧客行動分析基盤の全貌に迫る
 無添加化粧品や健康食品で知られるファンケルが運営するECサイト「ファンケルオンライン」では、同社のほぼ全商品を扱っており、登録会員数は300万を超えている。配信を希望する100万人以上の会員に、メールマガジンで情報提供を行い、当初は購入商品により顧客を4つの...(2014/11/7 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
オンラインストアのグローバル化、成功の鍵は「ローカル化」にあり
 従来の「グローバルな事業展開」は、万能型のマーケティングソリューションを採用するのが常識だった。だが、ことeコマースに関しては、この誤った通念をいち早く捨て去る必要がある。顧客の期待や嗜好、社会常識はもちろん、税制や法律の要件も国どころか都市単位で大...(2014/11/5 提供:デジタルリバージャパン株式会社)

レポート
マイクロソフト、レノボがeコマースのグローバル展開で成功した理由とは?
 eコマースにおける「グローバル化」は全世界を1つのマーケットとして捉えることではない。仮に世界の全ての地域を1つの市場としてeコマースを展開した場合、全ての市場を網羅しているかもしれないが、シェアの獲得は難しいだろう。eコマースにおけるグローバル化とは...(2014/11/5 提供:デジタルリバージャパン株式会社)

製品資料
「ネットでも店舗でも使えます」ポイント制度や顧客情報の一元管理でロイヤルティマーケティングを実現
 ECサイトと実店舗、両方を運営している企業の中には、それぞれ別のポイント制度を運用し、顧客情報も別だというケースが多い。また、スタンプカードやリライトカードでは、有用な顧客情報を獲得できていない状況も見受けられる。 本資料は、ECサイトと実店舗の顧客とポ...(2014/10/22 提供:株式会社アイル)

事例
短期間導入可能なスイッチ変更・増設で実現する社内セキュリティ強化策
 店舗用機器や備品の管理輸送の他、コンシューマー向けの雑貨、家具のECサイトを手掛けるSBSサポートロジ。顧客情報を含む個人情報を取り扱うため、プライバシーマークを取得し、セキュリティ教育に注力しているが、より強固なセキュリティシステム構築を模索していた。(2014/10/7 提供:株式会社パイオリンク)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2014/10/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
PCI DSS対応で実現するコンプライアンス達成とWebアプリの保護強化
 この10年で世界中の企業がeコマースおよびeビジネスへの依存度を高めているが、同時に危険な状態と隣り合わせでもある。顧客情報の漏えい、なりすまし犯罪、クレジットカード詐欺などが多発しており、被害総額は年々増加傾向にある。今や攻撃者の行動は目立つためではな...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
求めたのは、10年後も確実に使えるクラウドERP。会計/購買をAWS上で独自ECシステムと連携
 19万点以上(2012年10月現在)の商品数を強みに、健康食品・医薬品から日用品まで幅広い商品をECサイトを中心に展開するケンコーコム株式会社。 顧客数と商品数の増加に伴い、従来の業務単位で個別構築されたシステムではデータの不整合によるデータ分断や、増加する検...(2014/7/14 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
モバイル活用でカスタマーエクスペリエンスを向上させる5つの方法
 今や日常生活でもビジネスでもコミュニケーションの手段はモバイルデバイスにシフトしている。特にeコマースでは消費者の利便性が高いことから、モバイル利用が増えている。消費者はどこからでもスマートフォンで商品を検索し、価格を比較して選んだ商品の購入ボタンを...(2014/6/27 提供:ジェネシス・ジャパン株式会社)

事例
最大250倍の分析スピードアップに見る次世代データウェアハウス基盤の実力
 郊外型総合販売店を中心に、海外にも店舗を展開、急成長を続ける流通系企業のトライアルカンパニー。2012年2月で142店舗を構える同社は、2017年には800店舗にまで拡大を図る計画だ。同社の急成長を支える武器はITシステムの積極的な活用だ。同社ではデータウェアハウス(...(2014/6/17 提供:EMCジャパン株式会社)

Loading