Acquiaが「ヘッドレスCMS」の開発者向け新ツールを発表TechTarget発 世界のITニュース

開発者中心のCMSで知られるAcquia。さまざまな表示先にコンテンツを展開させる開発者の負担を軽減するため、新しいツールを提供する。

2022年12月22日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CMS | マーケティング | オープンソース


 CMS(コンテンツ管理システム)ベンダーのAcquiaは2022年10月26日(米国時間)、開発者向けのツール「Acquia CMS Headless Starter Kit」を発表した。これは同社のオープンソースのヘッドレスCMS(Webサイトのユーザー側に表示されるフロントエンドの機能を持たないCMS)である「Drupal」のユーザーと、Acquiaが提供するDrupal商用版のユーザーの両者が使用できる。

Acquia CMS Headless Starter Kitの狙い

 Acquia CMS Headless Starter Kitは、ヘッドレスCMSをセットアップするためのウィザードや、フロントエンドでAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介してヘッドレスCMSのコンテンツを取得し、表示させる機能などを備えている。他にも、Acquia CMS Headless Starter Kitは

  • フロントエンドのプレビューツール
  • 開発者向けのダッシュボード
  • データモデリングツール

などの機能を提供する。

 Drupalの認定エキスパートでAcquiaのプロダクトマネジメント担当ディレクターのマイク・マディソン氏は、「ヘッドレスCMSはAcquia製品やDrupalのユーザーコミュニティーにおける、劇的な発想の転換をもたらした」と述べる。2012年、Drupalの開発者とユーザーは、Drupalの機能を拡大し、フロントエンドにより多くのコンテンツを表示するために必要なモジュールの開発について議論していた。2022年現在の取り組みにおいては、Drupalでは管理しないフロントエンドにコンテンツを表示できるようにすることが主な目的となっており、マディソン氏は「これはDrupalの方針がほぼ180度変わったことを意味する」と言う。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...