Web3とメタバースは似ているようで“ここ”が違う「Web3」と「メタバース」の違い【後編】

混同されがちな「Web3」と「メタバース」。両者には共通する点もあるが、異なる点もある。それらが何なのかを具体的に見ていこう。

2022年10月27日 08時15分 公開
[Andy PatrizioTechTarget]

関連キーワード

比較 | Webサイト


 分散型の次世代インターネット「Web3」(「Web3.0」とも)と、巨大仮想空間「メタバース」は、どちらも盛り上がりを見せている技術分野だ。両者の違いと類似点を説明する。

Web3とメタバースの“根本的な違い”とは

 Web3は、インターネットの支配権を分散化し、エンドユーザーとコミュニティの手に委ねることを目的としている。メタバースは、エンドユーザー同士がつながり、経済システムを構築し、リアルタイムで交流できる仮想的な現実世界だ。メタバースの所有者や支配権を握る人が誰なのかは重要ではない。

 複数のコンピュータで正しい情報を記録する技術「ブロックチェーン」や暗号資産(仮想通貨)をベースに、大企業による影響や支配を排除した分散型インターネットを実現するのが、Web3の基本的な仕組みだ。メタバースは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)といった技術を中核とする。

 役割にも違いがある。Web3は、エンドユーザーがインターネットをどのように利用して、管理すべきかを定めた基準の集合体を指す。メタバースは、ゲーム、ソーシャルメディア、小売業といった分野での没入体験を実現する手段だ。

何が同じなのか

 Web3とメタバースは切っても切れない関係にある。どちらも先進技術の上に成り立っており、進化を続けることが見込まれる。Webコンテンツにメタデータ(基礎情報)を付与して、情報の管理をしやすくする構想「セマンティックWeb」は、Web3とメタバース両方の基盤となる。AI(人工知能)技術も、双方にとってユーザーインタフェース(UI)の洗練に欠かせない。

 ブロックチェーンの進歩が、Web3とメタバースに共通する技術基盤を作り出している。ブロックチェーンはメタバースとWeb3を発展させる重要な構成要素だ。


 Web3やメタバースはまだ初期段階にある。完成はまだ先であり、現在とは全く異なるものになることも考えられる。技術の進歩は、事前のビジョンとは必ずしも一致しない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...