TechTargetジャパン

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
最小限の予算で最大限の安全を確保するセキュリティソリューションとは?
 サイバー攻撃が巧妙化、多様化する中で、Webサイトを守るためのセキュリティ対策は企業にとって重要課題の1つだ。脆弱(ぜいじゃく)性を利用したマルウェアが感染すれば、サイト改ざんや個人情報の流出など、致命的なダメージを受ける。対策が遅れれば遅れるほど危険性...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
最大300Gbpsを品質劣化なく安定配信――「AbemaTV」に見るCDN導入効果
 インターネットによる動画配信サービスには、その膨大なトラフィックへの対策が欠かせないが、自前でインフラを用意することは容易ではない。そこで注目されるのが、動画をはじめとする大量のコンテンツ配信を仲介する、大規模コンテンツプロバイダー向けのサービス「コ...(2016/11/10 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

レポート
企業の成長戦略となった「働き方改革」、理想的ワークスタイルへの4つの鍵とは
 日本企業のグローバル化が進む中、急激な市場変化に対応し、短期間で価値を創出することの重要性が高まっている。ソフトウェア開発の分野でも、開発プロセスの改善による生産性向上と継続的成長が主要課題となっており、グローバルで普及しつつある大規模なアジャイルフ...(2017/8/9 提供:リックソフト株式会社)

事例
イベント対応はスマホ1台で──事例で分かるコミュニケーションツールの活用法
 日常業務から、イベント、店舗、工場の業務など、ビジネス全般においてコミュニケーションの課題を抱える現場は多い。情報を伝えるのに時間がかかる、また伝わったのか分からない、全員に即時に共有できないなど問題はさまざまだ。 そんな状況を解消する方法として注目...(2017/8/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは?
 ソフトウェア定義(Software-Defined)という概念の実現によって、サーバ、ネットワーク、ストレージの仮想化が進んでいる。中でもサーバの仮想化は、既に多くの企業に導入され、ハードウェアコストや運用負荷の削減という大きなメリットを生んでいる。 しかし、サーバ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ
 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」...(2017/7/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAP導入効果を事前検証、自社データを使って希望のSAP環境でテストする方法
 どんな製品でも、実際に導入すると、予想したほどの効果が得られないケースがある。特にエンタープライズ向け製品ではこうしたリスクを避けるため、評判の高い技術であっても、十分な事前検証をしてから導入することが重要となる。 さまざまなデータ活用に圧倒的な効果...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
中部電力の業務継続を支えるアジャイル 実証されたDevOps実践ツールの導入効果とは?
 さまざまな業務でITが利用されている今日、ITサービスなしに業務を進めることは難しい。しかし、従来のウォーターフォール型開発ではユーザーの要求に十分に応えられないケースは多いだろう。なぜなら、コストの抑止や開発期間の短縮に加えて、実際の運用に則したサービ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣
 国内でIT技術者の不足が深刻な問題となっていることから、近年は、若くて高いスキルを持つ人材を海外から確保しようと考える企業が増えてきている。しかし、外国人採用やオフショア開発などにおいて、エンジニアのスキルレベルを把握できずに苦労するケースも少なからず...(2017/7/26 提供:日本サード・パーティ株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
東京大学のストレージ刷新、サーバ仮想化環境の高速化と安定運用を実現した秘訣
 東京大学 工学系研究科・工学部では、学生や教職員の情報発信、情報共有の活性化や業務の効率化を目的とした情報サービス基盤を運用している。この基盤はサーバ仮想化環境上に構築され、5000人以上のユーザーに情報ポータルやメールサービスなどの機能を提供している。(2017/6/19 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
自社に最適なWAFをどう見つける? 導入を成功させる3つのポイント
 DDoS攻撃の拡大など、Webサイトへの脅威が増している現在、Webサイトを保護するWAF(Web Application Firewall)は企業に必須のセキュリティ対策となっている。 ただしWAFには多種多様な製品が存在する。Webのセキュリティを担当する情報システム部門にとっては、自社...(2017/6/1 提供:NTTテクノクロス株式会社)

レポート
中小製造業でも無視できない「SDN」その導入メリット
ソフトウェアによって仮想的なネットワーク環境を作る技術やコンセプトを指し、「ネットワーク仮想化」などといった表現をされることもあるSDNだが、近年、製造業従事者から熱い視線を送られている。それは製造業にとっての大きな関心事である「スマートファクトリー」や...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

事例
申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は?
 社内の申請・承認、経理業務などを効率化する「経費精算システム」は、大企業で使われるシステムというイメージが強い。しかし、実際には企業規模が大きくなるほど導入のハードルが高くなることから、中小企業ほど早い段階で導入しておきたいシステムの1つとなっている...(2017/3/2 提供:株式会社Donuts)

製品資料
シャドーIT対策は大丈夫? 企業向けクラウドファイルサーバ導入のポイント
 企業では、ファイルの保管や受け渡し、共同作業のプラットフォームなどにクラウドを利用することが当り前になっている。一方で、会社からの許可を得ていないシャドーITに起因する情報漏えいなどの危険性も問題になっている。 こうした課題に対処できる、企業向けクラウ...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
経費精算業務を90%削減、自動化とスマホ対応で申請・承認の悩みを一挙に解決
 毎月行われる経費精算は、経理担当者だけでなく申請者、承認者、管理者にとっても大きな負担となる。特に「外出先での申請や承認ができないこと」「申請ミスの修正が大変であること」「紙文書の管理が面倒であること」などは、経費精算システムへの大きな不満となってい...(2017/2/13 提供:株式会社Donuts)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

事例
IoT通信コストを軽減、移動式留守番カメラ「ilbo」の事例に学ぶクラウド選び
 近年、爆発的な広がりを見せるIoTデバイス。その通信管理は、多くの企業にとって、今後のビジネスを左右する重要なテーマだ。そこで、コストを抑えながら、ユーザーの増加に対応するアプローチの1つとして、2016年8月に登場した移動式の留守番カメラ「ilbo(イルボ)」...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

製品資料
クラウド基盤の運用はどこまで自動化できるのか? 支援サービスの実力を探る
 ビジネスを便利にするはずのクラウドが、利用拡大に伴って運用現場への新たな負担となりつつある。特に仮想化環境の運用では、仮想マシンの作成だけをとっても多岐にわたる作業と知識が必要だ。そこで、注目され始めたのがクラウドの運用自動化サービス。しかし、まだ自...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

事例
15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは?
 さまざまな企業や組織のWebサイト構築に利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。近年は、Webサイトの多言語・マルチデバイス対応へのニーズも高まり、更新作業にもより多くのメンバーが参加するようになったことから、その機能や操作性が再検討され始めてい...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

Loading