TechTargetジャパン

Webキャスト
マイナンバー制度開始目前、企業が認識すべき情報漏えい対策のポイントとは
 いよいよ2015年10月からのマイナンバー通知開始により、本格運用が開始されるマイナンバー制度。企業は、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取得、管理し、特定個人情報の取扱いに関する安全管理措置が求められる。マイナンバーとそれにひも付く情報は、不正に扱われ...(2015/7/23 提供:マカフィー株式会社)

比較資料
ネットワークIPS、10製品を徹底比較──セキュリティの有効性が最も高い製品は?
 侵入防御システム(IPS)は数多くのセキュリティ製品の中でも独特の存在だ。なぜなら多くの企業がネットワークIPS製品導入時には、ベンダーの推奨設定をうのみにせず、さまざまな調整を行っているからだ。 本資料はNSS Labsが、IBM、Check Point、Dell(SonicWALL)、H...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
次世代ファイアウォール導入の経済効果は年間150万ドル――導入企業調査
 新しいアプリケーションやサービスの導入により、従来のセキュリティ製品の多くは、高い攻撃のリスクにさらされている。この問題に対処するため、ネットワークセキュリティ製品には、「柔軟性」「物理環境と仮想環境の両方を保護」「高いセキュリティ効率」が必要だ。 ...(2015/3/10 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
シグネチャベースの検査で高度なマルウェアが阻止できない理由
 ウイルス対策にはパターンファイルを使って、怪しいファイルを排除する――それが有効だった時代はそろそろ終わりを迎える。高度なマルウェアは「マルウェア対策の対策」を行っており、シグネチャベースの検査を回避できることを確認してから、ひっそりと、そして確実に...(2015/3/3 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
サンドボックス活用で一歩先を行くマルウェア対策
 近年、ますます巧妙になるマルウェアに対し、それを検知するための新しい技術も次々開発されている。防御側で最も有望な進化が見られるのは動的分析による検出、「サンドボックス」と呼ばれる分野で、現在数多くのFirewall/UTMベンダーからサンドボックス技術搭載の製...(2015/3/3 提供:マカフィー株式会社)

比較資料
実測比較:エンドポイントセキュリティ6製品、クライアントPCへの影響を16項目でテスト
 もはやクライアントPCのセキュリティはウイルス対策だけでは守りきれない。情報漏えい対策、ネットワーク接続制御など包括的なセキュリティ対策を実現する「エンドポイントセキュリティ」の重要性は認知さているが、導入によりクライアントPCのパフォーマンスに悪影響を...(2015/1/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
相関分析の活用で高度な攻撃を見逃さないセキュリティ対策を実行せよ
 ネットワークセキュリティにおいて、セキュリティログの相関分析の重要性が高まりつつある。単一のセキュリティ製品によるイベント/ログでは重要度の判断が難しいが、複数のイベント/ログを組み合わせて分析を行うことで、リスクの大きさや緊急度といった優先度の重み...(2014/10/15 提供:マカフィー株式会社)

レポート
最新ネットワークIPSを検討する際の5つのポイント
 これまで企業は、攻撃や脆弱性に関する情報を基にシグネチャ(攻撃を検知するための情報)を活用して、脅威の検知や防御に効果を発揮してきた。だが、脅威はこうした防御の仕組みを踏まえて進化を続けている。対抗するには侵入防止システム(IPS)側の進化が不可欠で...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
高度化するWebインフラ再構築に不可欠な3要素
 当初情報発信が目的だったWebも瞬く間にインタラクティブになり、現在はクラウドをキーワードにさまざまな用途が模索され始めている。また、PC、タブレット、スマートフォンなど、その利用形態が多様化し、利用者数も拡大を続けている。ビジネスにおいても、迅速かつ革...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
標的型攻撃の新たな脅威「AET」、攻撃手法の傾向と対策
 標的型サイバー攻撃による不正侵入を防止するため、企業側は侵入防止システム(IPS)、侵入検知システム(IDS)、統合脅威管理(UTM)といった対策を取っているが、これらの検出をかいくぐる高度な検知回避技術「AET(Advanced Evasion Techniques)」による攻撃が拡大してい...(2014/5/30 提供:マカフィー株式会社)

事例
展示会などのマーケティング活動が売上につながらない理由と解決策
 展示会やイベント、DMなどマーケティング活動を行っても売り上げに結びつかない、と悩む企業は多い。その理由は2点ある。1つは顧客側の選定プロセスが変化しており、営業が訪問する前に、Webなどを通じて購買製品やベンダーを既に決めている場合があることだ。もう1つは...(2014/2/14 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
マカフィーのWebプロキシが世界で選ばれる3つの理由
 マカフィーのセキュアWebプロキシ「McAfee Web Gateway」は、Webフィルタリング、ウイルス/スパイウェア対策などの機能を統合したアプライアンスサーバとして高い評価を得ているが、同製品がエンタープライズ市場で選ばれる理由は3つある。 1つは、Webプロキシとして...(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
セキュアWebプロキシ「McAfee Web Protection & Web Gateway Appliance」価格&構成例一覧
 本コンテンツでは、マカフィーのセキュリティソリューション「McAfee Web Protection & Web Gateway Appliance」についてAppliance/Virtual Appliance版とSaaS版それぞれの、必須、オプション、インテグレーションの各構成を図で示した購入方法と代表的な購入例を紹介。(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくないのではないだろうか? また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレー...(2013/12/5 提供:ダウジャパン株式会社)

比較資料
5つのエンドポイントセキュリティ対策製品を徹底比較 同一環境で性能はどれだけ異なる?
 このホワイトペーパーは、第三者機関がカスペルスキー、マカフィー、マイクロソフト、シマンテック、トレンドマイクロといった主要5ベンダーのエンドポイントセキュリティ対策製品の性能を比較した資料だ。セキュリティプログラム機能の有効性、マルウェアの検出と処理...(2013/9/30 提供:株式会社シマンテック)

Webキャスト
標的型サイバー攻撃を実演! 内部対策「検知したら即遮断」のすすめ
 最新の巧妙化する標的型サイバー攻撃を動画内で実演し、攻撃例を交えながら解説。DDos攻撃や、ARPスプーフィングを用いた盗聴などを体験できる。 パイオリンク本社のある韓国では、サイバー攻撃の話題に溢れ、中でも標的型サイバー攻撃は手段も巧妙化の一途をたどって...(2013/7/31 提供:株式会社パイオリンク)

製品資料
OSを超えたルートキット対策で「未知」の脅威を防ぐ
 セキュリティ調査機関「McAfee Lab」によると、2007年以降、ルートキットの数は急激に増加している。ルートキットは、データを盗むマルウェアを隠し(ステルス化し)、従来のセキュリティ対策を回避するように設計されている。ルートキットは大きく分けて「ユーザーモー...(2012/11/1 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
ルートキットの手口と対策総まとめ 適切なエンドポイントセキュリティ実現のために
 他のウイルスやトロイの木馬、ワームなどのマルウェアに比べて、はるかに危険度が高いとされているルートキット。ルートキットはステルス化のためのツールであり、ファイル、ログ、プロセス、通信などを隠蔽し、マルウェアの活動を見えなくするのに使用される。OSのカー...(2012/11/1 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
MDM+ウイルス対策クラウドサービス「deviceSAFE 」カタログ
 クラウド型のMDM(モバイルデバイス管理)+ウイルス対策サービス「deviceSAFE powered by McAfee」。 MDMによりスマートデバイスの管理を行うと同時に、ウィルスの脅威からスマートデバイスを保護する。また、デバイス証明書との連携も可能。長年に渡るデータセンター...(2012/7/17 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
MDM とウイルス対策を統合的に提供する企業向けクラウドサービス「deviceSAFE」
CTCは、マルチキャリア/マルチOS に対応したモバイルデバイス管理(MDM)の企業向けクラウドサービス「deviseSAFE powered by McAfee」の商用サービスを本年3月から開始した。本サービスは、スマートフォンやタブレット端末等のスマートデバイスのセキュリティソリューシ...(2012/7/12 提供:登録ミスコンテンツ管理用)

製品資料
MDM+ウイルス対策クラウドサービス「deviceSAFE 」ホームページ
クラウド型のMDM(モバイルデバイス管理)+ウイルス対策サービス「deviceSAFE powered by McAfee」。MDMによりスマートデバイスの管理を行うと同時に、ウィルスの脅威からスマートデバイスを保護する。また、デバイス証明書との連携も可能。長年に渡るデータセンター、ク...(2012/7/12 提供:登録ミスコンテンツ管理用)

レポート
徹底機能比較:エンドポイントセキュリティ5製品
 社員個々のPCを保護するエンドポイントセキュリティ。ほとんどの企業で導入が進んでおり、多くの製品が存在しているが、それぞれの機能やパフォーマンスは実際に導入してみなければ分からないのが現状だ。自社で導入済みもしくは導入を予定している製品と他製品はどのよ...(2012/3/26 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
仮想デスクトップの導入に成功! でもセキュリティ対策は失敗?
 企業向け・一般消費者向けを問わず、ITの世界は日々新しい技術が出現している。仮想デスクトップも、その1つだ。場所、ユーザー、端末を問わずに自由度の高いワークスタイルを確立する仮想デスクトップは、ここ数年で数多くの企業が導入し、その効果を上げてきた。 一...(2011/9/27 提供:マカフィー株式会社)

レポート
徹底検証!最新ウイルス対策ソフト、7社のパフォーマンス比較
 本資料は株式会社アイ・ティ・アールが実施したウイルス対策ソフト主要7社の比較レポートである。 今回比較をしたのは、キヤノンITソリューションズ、シマンテック、トレンドマイクロ、マカフィー、マイクロソフト、ソフォス、カスペルスキーの7社だ。 テスト要件を満...(2010/11/15 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
Web脅威の手口を分かり易く解説!
マカフィーでは世界でも最大規模の研究機関であるMcAfee Labs.が定期的にセキュリティジャーナルやレポートを提供しています。今回はWebに関して取り上げられたトピックスから主なものをダイジェストとしてまとめたものをご用意しました。Webの脅威を知る上で参考となる知...(2009/10/21 提供:マカフィー株式会社)

カタログ
【カタログ】McAfee Network Security Platform(旧名称:IntruShield)
【製品概要】McAfee Network Security Platformにより、攻撃が行われる前にブロック可能。ネットワーク上のすべてのデバイスを保護するプロアクティブな保護を備えた単一ソリューションであり、広範囲にわたって的確で効率的にビジネスを保護するネットワークセキュリティ...(2009/3/31 提供:マクニカネットワークス株式会社)

カタログ
【カタログ】万全なリムーバブルメディア対策
【製品概要】利用するデバイスを指定する「デバイス制御」と、許可したデバイスへ書き出されたデータを盗難・紛失による情報流出から保護する「暗号化」の2つのソリューションを組合せることで、リムーバブルメディアへの高いセキュリティを実現。【導入メリット】ロギン...(2009/3/31 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
どれが最速? 企業向けアンチウイルスソフトを徹底比較
 米Tolly Groupでは、Windows XP搭載クライアントPCで稼働するシマンテック、カスペルスキー、マカフィー、トレンドマイクロの各企業向けPCセキュリティ対策ソフトのパフォーマンス比較を検証した(テストは2008年10月に実施)。本ホワイトペーパでは、その詳細をレポー...(2009/1/28 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
メール、Web、USBメモリ、印刷――情報漏えいを防ぐDLPの総合対策
 McAfee Host Data Loss Prevention(DLP)は、機密情報の外部流出保護、およびUSBメモリやCD/DVDなどのリムーバブルメディアの接続コントロール機能を提供する情報漏えい対策ソリューション。 本資料では、DLP製品の概要を説明するとともに、データ暗号化を含むマカフ...(2009/1/5 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
仮想化テクノロジーの導入でセキュリティが崩壊!?
 企業において、仮想化テクノロジーの導入が急速に進んでいる。しかし、仮想化導入の際の設計要素がリスクをもたらし、企業を脅威にさらす可能性を高めてしまう場合がある。 このホワイトペーパーでは、企業が仮想環境を導入する際に発生し得るセキュリティ上の問題と...(2008/12/1 提供:マカフィー株式会社)

Loading