TechTargetジャパン

事例
IoTプラットフォーム活用事例:岡谷鋼機株式会社が挑むスマートな暮らしづくり
 1669 年(寛文9 年)創業という長い歴史を持つ独立系商社の岡谷鋼機。現在は、独立系商社として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の4 つの分野をコアビジネスとしてグローバルに事業を展開している。そんな岡谷鋼機が情報・電機分野の事業として、快適で利便性の...(2016/8/22 提供:株式会社ユビキタス)

製品資料
標的型攻撃の一番の対策は「見える化」、偽装メールはとにかく開かせない
 標的型攻撃では、価値の高い情報を持つ企業や組織だけが狙われると考えられがちだ。しかし、大企業や公的機関などは守りが堅いため、攻撃はそう簡単には成功しない。そこで攻撃者が狙うのが、ターゲットと関係しているセキュリティの甘い企業だ。 セキュリティレベルの...(2016/8/1 提供:株式会社プロット)

Webキャスト
KFCのデータ分析活用術、店舗分析で週100時間以上も作業時間を削減
 事業部門ではスピードを重視するため、迅速なデータ分析ができるセルフサービスBIのニーズが高い。しかし、デスクトップ型でデータファイルを扱う分析を行う限り、データコピーによるセキュリティの担保は難しく、データ変更時の整合性も取りにくくなるといった問題が残...(2016/4/11 提供:日本オラクル株式会社)

事例
三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み
 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーショ...(2016/4/8 提供:株式会社オープンストリーム)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

製品資料
48時間以内に利用可能、クラウドを活用した業務プロセス改善のメリットとは
 業務プロセスの課題として、システム化はしていても現場の状況把握ができずに、業務のプロセス全体が見通せないという点が挙がることは多い。実際の業務の流れは紙やメール、電話などで進められ、業務処理の品質にもバラツキがある。また、硬直化した業務による担当者の...(2016/3/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? ストレスチェック制度とメンタルヘルス対策
 労働安全衛生法の改正により、従業員50人以上の企業では、従業員に対するストレス状態の把握や、ストレス状態の従業員に対する改善措置の実施が義務化された。ストレス状態の把握では、厚労省の推奨設問である「ストレス反応」「ストレス原因」だけでなく「ストレス耐性...(2016/1/6 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
マーケティングと営業戦略を統合、120年の営業ノウハウが最新ツールで生んだ実績
 B2Bビジネスを展開する企業の場合、展示会やセミナーで新規顧客を開拓するなど“Face to Face”を営業の強みとしていることが多い。このインサイドセールスから得られた顧客情報を利用して顧客が望む的確なタイミングを把握すれば、大きく成果を上げる可能性も高まる。(2015/12/7 提供:株式会社マルケト)

レポート
データの“見える化”機能の製品開発によって起きるジレンマを解決する方法とは
 かつて海外進出といえば大手企業の独壇場だったが、現在は企業規模にかかわらずグローバルに販路を広げている企業が多い。グローバルな競争環境で勝ち抜くために重要となるカギが生産性向上だ。そして、生産性を向上するためにデータ分析は欠かせない要素である。 しか...(2015/11/18 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
“収益”を意識したメガネスーパーの店舗運営、実現したのは「KPIマネジメント」
 収益の推移を把握するには、顧客が購入した商品の内訳、それぞれの単価と粗利率などのビジネスの中身を細かく追いかける必要がある。ここが売上重視の戦略とは全く違うところだ。一般消費者を顧客にした小売業では、ビジネスの中身を追跡する上で、入店した顧客数、購入...(2015/8/26 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
バンダイのお客さま相談センターが、わずか3カ月でKPIをリアルタイムに“見える化”できた理由
 玩具や模型、生活雑貨などの製造・販売を手掛けるバンダイは、お客さま相談センターで顧客からの商品・サービスに関する問い合わせや、部品の注文、修理依頼などに、全国複数拠点で対応している。 毎年数千アイテムが入れ替わるという玩具の商品サイクル特性もあり、日...(2015/8/24 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

その他
「英語に愛されないエンジニア」になってしまった5つの要因とは
 「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論のコラム。実践編の準備号として今回お伝えしたいメッセージは、「私達が『英語に愛されないエンジニア』となってしまったことは、私たちの責任ではない」ということです。 英語に愛されないエンジニアであると自認され...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

事例
複雑化・短期化する製品開発を成功に導く”開発の見える化”とは?――先進企業の取り組み
 これまでの日本の製造業は、設計の“すり合わせ”に関する熟練度の高さが製品そのものの品質に貢献してきた。 しかし、製品の複雑さが増すにあたり、従来のような人的なコミュニケーションのみで設計のすり合わせを行うのは限界を迎えつつある。また、開発リードタイム...(2015/7/29 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
3分で分かる「GISによるエリアマーケティング」課題と解決策
 ビッグデータ分析ニーズが高まっている。だが、具体的に実行している企業はまだ多くない。顧客データやPOSデータと市場を表すエリアマーケティングデータを組み合わせることで、シェアを見える化する分析も今後重要になってくる。 GISによるエリアマーケティングのメリ...(2015/4/23 提供:技研商事インターナショナル株式会社)

Webキャスト
クラウドベースのアプリのパフォーマンスを「見える化」して管理
 今日、企業では、市場における優位性を高めるために、さまざまなミドルウェアやアプリケーションによる業務基盤ををクラウド上で展開している。その環境下で、アプリのパフォーマンス確認や障害の発生時の検知と切り分けなどの管理ができないと企業ビジネスの収益に影響...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
三井住友建設が「見える化」で既存の仮想環境の課題を解決
 三井建設と住友建設の合併により、2003年から新たな体制で多角的にビジネスを展開する三井住友建設。IT基盤の整備にも積極的で、2007年にはサーバ仮想化への取り組みを開始、活用を進めてきた結果、サーバ統合は進展し、4台の物理サーバ上で約130の仮想マシンが稼働して...(2015/2/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
スズキが、数百台の開発・製造用クローズド端末で実現したウイルス対策とは?
 日本の軽自動車、二輪車業界をけん引するスズキ。同社は、現場に即したセキュリティ対策の強化に注力する中で、クローズド環境で運用する実験用端末や制御端末をどう守るかという開発・製造用のシステム特有の課題に直面する。 自動車部品の耐久性調査機器など、テスト...(2015/2/6 提供:トレンドマイクロ株式会社)

講演資料
データセンターの電気代半減は可能か? IT運用費を「攻めの投資」に変える方法
 ITはビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへと変化した。しかしITコストの7割強は現行システムの保守運用で消費しているのが現状だ。この保守運用費を削減できれば、その分の投資を素早い新規サービスを提供するためのIT基盤構築への「攻めの投資」が可能に...(2014/12/19 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
迫るWindows Server 2003移行。IT基盤見直しの好機と捉え、ファイルサーバの課題も解消
 2015年7月にサポート終了のWindows Server 2003。日立グループでは移行をサポートするさまざまなソリューションがある。 本コンテンツでは、「ファイルサーバ運用管理ソリューション」について紹介する。Windows Server 2003は、日本国内で約36万台が稼働しており、そ...(2014/12/16 提供:株式会社日立製作所)

講演資料
電力使用の「見える化」で既存ラックの過電流、過熱防止から省エネ対策まで実現
 ITシステム運用担当にとって、サーバルームの「電流監視」「熱監視」は欠かせない。サーバラック内の過電流によるブレーカーダウンは、サーバ復帰までの業務停滞はもちろん、データ損失やHDのトラブルを引き起こす。また、サーバは高温に弱く、故障率が高くなるほか、劣...(2014/10/31 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

製品資料
24時間365日、止めさせない。AWSにも適したリモート運用監視サービスのメリット
 システム運用管理において企業が抱える課題は、コスト削減、運用効率化、非属人化/非ブラックボックス化、見える化、品質向上など数えきれない。これら課題解決の、近道はアウトソーシングだ。企業が抱える運用監視の問題をアウトソースすることにより、ITサービスの品...(2014/10/31 提供:サイトロック株式会社)

製品資料
業務効率を大幅改善! ビジネスプロセスの「標準化」「見える化」「統制」
 業務効率は、業務手順と案件の進捗状況の管理、つまりビジネスプロセスを見直すことで、効果を上げることができる。ビジネスプロセスの管理とは、ビジネスプロセスのあらゆる要素を「標準化」「見える化」「統制」することで実現できる。具体的には「業務手順や案件情報...(2014/10/20 提供:株式会社アイネス)

事例
事例に見る:ホールディングス制移行時にSDN導入、リソースのプール化で運用コスト削減
 製缶事業を中心に包装容器製造を手掛ける東洋製罐グループホールディングス。2013年、ホールディングス制への移行を機に、同社ではムダのない効率的なIT活用実践のため、グループ全体のネットワーク統合に着手する。 まず、ネットワークハブとして共同利用するデータセ...(2014/10/6 提供:日本電気株式会社)

製品資料
データセンターにVaaS(サービスとしてのビジビリティ)を導入する
 過去20年間でデータセンターの構造は大きく変化した。アプリケーションの複雑化とサーバスプロールによってデータセンターが拡張され、物理的な面積だけでなく、データセンターでも最も高いコストを占めるエネルギーの消費も増加した。そのため、高密度のコンピューティ...(2014/9/19 提供:Gigamon LLC.)

Webキャスト
「攻めのIT投資」を実現するデータセンターのエネルギーコスト半減の秘策とは
 クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTなどのITの劇的な進化は、ビジネス環境を激変させている。企業はそのような環境変化を的確に捉え、新たなITによるビジネス改革が必須である。攻めのIT投資を推進するには、ITの構造変化が必要。運用コストを押し上げている「高騰...(2014/9/12 提供:インテル株式会社)

事例
事例に見る:中国への事業展開、現地IT担当者不足を補う奥の手とは
 中国市場へ進出した日本企業の多くが「生産管理システムをいかに構築・運用していくか」という悩みを抱えている。部品製造会社を傘下に持つある企業は、海外でのシステム構築に苦労した経験があり、セキュリティも不安なことから、中国には生産管理システムを置かず、ネ...(2014/8/7 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
製造管理業務をグローバルで統一するために、アルプス電気が選んだ次世代MESとは
 家電、モバイル機器、自動車、環境・エネルギー市場など、全世界2,000社を超えるメーカーへ約40,000種類におよぶ電子部品を供給する総合電子部品メーカー、アルプス電気。同社では近年、業務のグローバル標準化を目的とした「eARTHSプロジェクト」を進めていた。 これ...(2014/6/25 提供:アプリソ ジャパン株式会社)

製品資料
標的型マルウェア、脆弱性対策の鍵は「徹底した見える化」にあり
 標的型マルウェア対策における課題は、主に「マルウェアの検体の特定が困難」「侵入原因と影響範囲の解析にかかる時間とコスト」「発見や対応の遅れによる被害拡大リスク」の3点だ。これらはいずれもマルウェアがイントラネットに侵入する時点の対策のみで解決すること...(2014/6/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
月間の間接工数約50時間がゼロに!? ヤマハが実現した業務改善サイクルの高速化とは
 製造業を取り巻く、さまざまな環境の変化。1887年創業のヤマハ株式会社も、その渦中にあった。同社の売上の多くを占める楽器事業の製造拠点である株式会社ヤマハミュージックエレクトロニクス(当時のヤマハ(株) エレクトロニクス生産統括部豊岡生産部)では、継続的に...(2014/6/3 提供:ウイングアーク1st株式会社)

Loading