TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
現場の80%以上が品質問題に直面、解決のカギは「標準化」「効率化」「見える化」
 「TechFactory」が実施したアンケート調査「設計開発者のための品質管理」(調査期間:2017年4月24日〜5月8日)では、製品の設計開発などに従事する会員/読者を対象に、日ごろ直面している「品質問題」をテーマに、その原因や対策(今取り組んでいる/将来実施したい)...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣
 製造業にとって、プラント設備や各種装置は命綱だ。たとえ小さなトラブルであっても、生産ラインが混乱し、大きな損失につながることもある。こうした事態を防ぐには、日々の保全作業が重要であり、「EAM(Enterprise Asset Management)」が大きな役割を果たす。 本ホ...(2017/5/31 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
ICTで現場作業員の安全を守る! 安全管理支援ソリューション カタログ
製造業や建設業では、現場作業員の安全管理、万が一事故が発生した際の迅速な対応など、安全労務管理が義務付けられている。これまでは現場の監督者がこれらを管理監督してきたが人手による管理には限界がある。そこで注目されているのがICTを活用した安全管理支援ソリュ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

レポート
中小製造業でも今すぐ始められる“カンタンIoT”ソリューションガイド
中小製造業でも始められる簡単IoTソリューションを一挙紹介。「費用対効果が見えづらい」「いきなりコストは掛けられない」「そもそもどこから始めてよいか分からない」「専任者がいない」……といった中小企業の悩みを解決するヒントを提示する。1.信号灯から製造設備の...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

レポート
ベテラン技術者のノウハウをICTで次世代へ
ニッポンが世界に誇る高品質なモノづくりを支える熟練エンジニアの技術力。こうしたエンジニアが高齢化しつつある今、技術伝承が国内製造業の大きな課題となっている。しかし、長年培われてきた熟練作業を短期間で教え込むのは非常に難しい……。そこで今、熟練者の作業を...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

事例
パナソニック 業務プロセスの効率化で実現する「製造現場の見える化」
日本を代表する製造業であるパナソニックの家庭電化・冷熱空調事業領域を担当するアプライアンス社では、「製造現場の見える化」推進の基盤としてQlikViewを核に、情報の活用を行っている。グローバル展開する企業は、競争がますます厳しい時代に突入し、刻一刻と変わる状...(2017/3/31 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
IT部門の“ビジネス貢献”を考えると見えてくる「ITSMツール」導入のポイント
 IT部門に求められる「ビジネスへの貢献」という期待に応えるには、ITサービスマネジメント(ITSM)への取り組みが欠かせない。その具体的な運用に役立つのが、ITサービス全体の適切な管理を支援するための変更管理・リリース管理機能などを備えたITSMツールだ。 その中...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

レポート
IoTで挑戦する「つながる工場」事例、生産ラインの見える化とロボティクス活用
多くの製造現場では、IoTを活用した設備稼動・品質状況把握、ビデオ映像化、温度・湿度測定等で工場の実態の見える化や経験に頼っていた作業の標準化など、工場全体での生産性向上に取り組んでおり、IoTによる現場の見える化や予防保全が必要不可欠となってきている。海外...(2017/3/1 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
SFA活用で営業力強化、売り上げアップにつながる4つのステップ
 SFAは具体的な案件内容や顧客との商談履歴などを記録し、営業活動を“見える化”するツールだ。営業部員の目標達成状況などを部内で共有し、データを基にしたコミュニケーションを活性化することで、「この顧客には次にどんなアクションを起こすか」といった行動管理も...(2017/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
「マルウェアを起動させない」 外部専門家による運用監視で未知の攻撃も不発に
 近年のサイバー攻撃対策では、マルウェアの侵入を100%防ぐことはできないという前提のもと、侵入後の対策を含めた多層的な防御をすることが基本となっている。ただし、その場合もシステム内に侵入したマルウェアを“起動させない”ことが鉄則となる。 そこで登場した...(2017/1/30 提供:株式会社クエスト)

事例
エネルギー企業のAWS環境に「セキュリティ」と「見える化」をどう実装するか
EnerNOC は、ボストンに拠点を置くソフトウェアメーカーで、配電網エネルギーの多くの顧客に加え、世界中の顧客も対象にしたエネルギーインテリジェンスソフトウェアを提供している。EnerNOC は、Amazon ウェブサービス(AWS)上で完全にシステムを構成していることから...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

製品資料
「良い人材を採る」チャンスを増やす、求人管理システムで採用活動を強化
 企業が良い人材を採用するためには、応募者を増やし、辞退率を下げることが基本となる。しかし、ただでさえ忙しい人事部門にとって、応募者の増加による業務量の増大はできれば避けたいところ。その結果、対応漏れやミスが増えたら元も子もない。 それでは、辞退率につ...(2017/1/24 提供:株式会社Donuts)

製品資料
STLはもう必要ない?CADデータから直接3Dプリント
GrabCAD Print では、プロフェッショナルの CAD データ形式からダイレクトにプリントすることができます。従来、STLファイルへの変換と設定に要していた時間を削減することができます。従来の3Dプリンティング・ワークフローを簡素化し、プリンタの使用に関連した情報を提...(2017/1/23 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

講演資料
DevOpsとテスト自動化の新常識、ツールチェーンで短納期・高品質のソフト開発
 急激に変化する市場や顧客ニーズに対応するために、開発チームと運用チームを連携させる開発手法の「DevOps」が注目されている。ただしビジネスとしての成功には、ビジネスの視点が欠かせないものとなりつつある。 このような開発・運用・ビジネスの協調により目指すも...(2017/1/10 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
ツール活用でIT運用を改善、作業内容の収集・可視化で業務はどう変わる?
 IT運用現場は、ともすれば手作業が多くなりがちだ。「この作業は特定のスキルを持つ担当者にしかできない」という場面が多く、しかもそれぞれの作業の段取りが複雑なため、時間がかかり、ミスも発生しやすい。作業できる特定の人材に任せてばかりいると、作業の属人化も...(2016/12/19 提供:日本電気株式会社)

製品資料
サーバ監視業務を増やさずコンプライアンス対応、IT管理者を救う監査の秘訣
 セキュリティ、情報漏えい対策、証跡監査などに直結する業務である「サーバ監視」。これまでもIT管理者にとっての負担は決して軽いものではなかったが、コンプライアンス(法令順守)対応という新たな使命がその負担をさらに大きなものとしている。 特に頭が痛いのが...(2016/11/22 提供:株式会社ラネクシー)

事例
3カ月でプロジェクトを可視化、ゴルフダイジェスト・オンラインに学ぶツール活用
 ゴルフダイジェスト・オンラインでは、部門ごと、担当者ごとに異なるツールやフォームが使用されていて、プロジェクトの見える化ができていない状態だった。そのため、プロジェクトの状況を知るには、関係者全員に進捗を問い合わせたり、報告のために集計や分析を行った...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

事例
プロジェクト管理も脱Excel化、リソース管理を最適化するツールの7つの利点
 プロジェクトの進捗、リソースの割り当て率などの管理では、Excelを利用している企業が少なくない。この場合、作成、管理、更新にかかるコストが高く、リアルタイムに可視化することも容易ではなく、どうすれば確実に目的を達成できるかが課題だった。 こうした課題に...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

製品資料
ビーコンで現場の無駄を発見、ヒト・モノの位置と動線を「見える化」する効果
 工場や倉庫などで動き回るヒトやモノ。その動きには少なからず無駄があり、効率化できれば業績の改善が期待できる。これまでは、その無駄の把握が困難だったが、近年のIoT技術の発達により生産現場の効率化の可能性は大きく開けた。 例えばBLE(Bluetooth Low Energy)...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

製品資料
組織の変化に自在に対応、「成長型SFA」のカスタマイズ機能でできること
 営業の活動や成果を“見える化”するSFAを導入して、営業力の質的向上を図る手法は国内でも定着した。その一方で、導入後しばらくすると、利用率が大幅に低下してしまったというユーザーも少なくない。この原因はさまざまだが、主に企業の営業管理手法の変化にツールが...(2016/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
アナリストが24時間監視、標的型攻撃の被害を防ぐセキュリティ専門組織とは?
 サイバー攻撃の進化は非常に早く、企業は毎日のように新しいマルウェアの脅威にさらされている。そこで、従来のセキュリティ対策ソフトでは防げない攻撃に備えるため、社内にセキュリティ対策の専門組織「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」を設置す...(2016/9/16 提供:三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社)

事例
IoTプラットフォーム活用事例:岡谷鋼機株式会社が挑むスマートな暮らしづくり
 1669 年(寛文9 年)創業という長い歴史を持つ独立系商社の岡谷鋼機。現在は、独立系商社として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の4 つの分野をコアビジネスとしてグローバルに事業を展開している。そんな岡谷鋼機が情報・電機分野の事業として、快適で利便性の...(2016/8/22 提供:株式会社ユビキタス)

製品資料
標的型攻撃の一番の対策は「見える化」、偽装メールはとにかく開かせない
 標的型攻撃では、価値の高い情報を持つ企業や組織だけが狙われると考えられがちだ。しかし、大企業や公的機関などは守りが堅いため、攻撃はそう簡単には成功しない。そこで攻撃者が狙うのが、ターゲットと関係しているセキュリティの甘い企業だ。 セキュリティレベルの...(2016/8/1 提供:株式会社プロット)

Webキャスト
KFCのデータ分析活用術、店舗分析で週100時間以上も作業時間を削減
 事業部門ではスピードを重視するため、迅速なデータ分析ができるセルフサービスBIのニーズが高い。しかし、デスクトップ型でデータファイルを扱う分析を行う限り、データコピーによるセキュリティの担保は難しく、データ変更時の整合性も取りにくくなるといった問題が残...(2016/4/11 提供:日本オラクル株式会社)

事例
三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み
 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーショ...(2016/4/8 提供:株式会社オープンストリーム)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

製品資料
48時間以内に利用可能、クラウドを活用した業務プロセス改善のメリットとは
 業務プロセスの課題として、システム化はしていても現場の状況把握ができずに、業務のプロセス全体が見通せないという点が挙がることは多い。実際の業務の流れは紙やメール、電話などで進められ、業務処理の品質にもバラツキがある。また、硬直化した業務による担当者の...(2016/3/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? ストレスチェック制度とメンタルヘルス対策
 労働安全衛生法の改正により、従業員50人以上の企業では、従業員に対するストレス状態の把握や、ストレス状態の従業員に対する改善措置の実施が義務化された。ストレス状態の把握では、厚労省の推奨設問である「ストレス反応」「ストレス原因」だけでなく「ストレス耐性...(2016/1/6 提供:株式会社ミロク情報サービス)

Loading