生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化NEWS

オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。

2021年04月07日 15時00分 公開
[ゼンフ ミシャTechTargetジャパン]

 環境エネルギー機器メーカーのオムロン阿蘇(熊本県阿蘇市)は、生産ラインを可視化し、異常を検知して迅速に対処しやすくする生産データ分析システムを構築した。製造データの集計・分析の自動化によって人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働で品質の向上を目指す。日本オラクルが2021年4月5日に発表した。

 生産データ分析システムの構築にオムロン阿蘇が利用したのは、Oracleのデータセンターでデータを保護してデータベースを運用できるサービス「Oracle Autonomous Data Warehouse」と、機械学習を使ったデータ解析ツール「Oracle Analytics Cloud」だ。IaaS(Infrastructure as a Service)の「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)でシステムを稼働させている。2020年5月にシステムの運用を始めた。

工場やオフィス内の画面にデータ表示、在宅からも現場状況が分かる

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。