生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化NEWS

オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。

2021年04月07日 15時00分 公開
[ゼンフ ミシャTechTargetジャパン]

 環境エネルギー機器メーカーのオムロン阿蘇(熊本県阿蘇市)は、生産ラインを可視化し、異常を検知して迅速に対処しやすくする生産データ分析システムを構築した。製造データの集計・分析の自動化によって人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働で品質の向上を目指す。日本オラクルが2021年4月5日に発表した。

 生産データ分析システムの構築にオムロン阿蘇が利用したのは、Oracleのデータセンターでデータを保護してデータベースを運用できるサービス「Oracle Autonomous Data Warehouse」と、機械学習を使ったデータ解析ツール「Oracle Analytics Cloud」だ。IaaS(Infrastructure as a Service)の「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)でシステムを稼働させている。2020年5月にシステムの運用を始めた。

工場やオフィス内の画面にデータ表示、在宅からも現場状況が分かる

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...