2021年04月07日 15時00分 公開
ニュース

生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化NEWS

オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

 環境エネルギー機器メーカーのオムロン阿蘇(熊本県阿蘇市)は、生産ラインを可視化し、異常を検知して迅速に対処しやすくする生産データ分析システムを構築した。製造データの集計・分析の自動化によって人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働で品質の向上を目指す。日本オラクルが2021年4月5日に発表した。

 生産データ分析システムの構築にオムロン阿蘇が利用したのは、Oracleのデータセンターでデータを保護してデータベースを運用できるサービス「Oracle Autonomous Data Warehouse」と、機械学習を使ったデータ解析ツール「Oracle Analytics Cloud」だ。IaaS(Infrastructure as a Service)の「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)でシステムを稼働させている。2020年5月にシステムの運用を始めた。

工場やオフィス内の画面にデータ表示、在宅からも現場状況が分かる

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。