2019年04月09日 05時00分 公開
特集/連載

Tableauが可視化する音声分析データ、全社横断で使うとビジネスはこう変わるVoiceBaseとの提携で実現

2019年3月に発表されたTableauとAI音声分析ベンダーのVoiceBaseの提携により、コンタクトセンター内外のユーザーが、音声分析データから簡単に洞察を引き出せるようになった。

[Brian Holak,TechTarget]
音声分析のメリットとは《クリックで拡大》

 人工知能(AI)を使った音声分析を手掛けるVoiceBaseがTableau Softwareと提携したことで、Tableauユーザーは、高度な音声分析データを可視化して活用できるようになった。両社は、TableauとVoiceBaseのコラボレーションにより、ユーザーはより簡単にデータ洞察を獲得できる他、音声分析のメリットをコンタクトセンター以外の業務にも生かせると述べている。

これまでにない洞察が得られる

 調査会社Constellation Researchのアナリストであるダグ・ヘンシェン氏は、TableauにとってVoiceBaseが提供する音声分析機能を導入することは、競合する他のデータ分析ベンダーに対する差異化になると指摘する。

 「VoiceBaseは、テキスト分析や感情分析に関連するニッチな機能を提供している。それは、BI(ビジネスインテリジェンス)やアナリティクスの主流ベンダーが自社で深く取り組む機能ではない」(ヘンシェン氏)

 戦略コンサルティング企業AVOAで、CIO(最高情報責任者)向けの戦略助言サービスを担当するティム・クローフォード氏は、TableauとVoiceBaseの提携は、両社とそれぞれの顧客企業にとって利益になると考えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...