「グループウェア」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、グループウェアに関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

グループウェア関連の解説

若者の7割が「初出社を考えると夜も眠れない」 オフィス回帰をどう進めるか

コロナ禍に伴うテレワークが長期化して、オフィス回帰を切望する従業員がいる。一方で、入社後はテレワークしかしておらず、初めての出社を不安に思う新人もいる。今後、オフィス回帰を進める上で留意すべき点は。

(2022/5/26)

「Microsoft 365」移行を失敗せずにやり切る方法

企業は「Microsoft 365」への移行を進める際、何に気を付ければよいのか。事前調査からツール選定まで、移行を成功させるためのポイントを紹介する。

(2021/11/4)

「Microsoft 365移行ツール」選定のこつ 「移せたのはメールだけ」を避ける

「Microsoft 365」の機能はメールにとどまらず、多岐にわたる。Microsoft 365移行ツールを選定する際は、この事実を正しく認識することが不可欠だ。それはなぜなのか。何に注意すればよいのか。

(2021/10/28)

「Google Workspace」に新サービス「Spaces」が追加 「Docs」と連携した共同作業も

「Google Workspace」に新サービス「Spaces」が登場する。Google Workspaceのオフィス機能と連携し、同僚とファイルを共同で編集しながら同じ画面でテキストチャットをすることができる。

(2021/7/30)

注目の解説記事一覧へ

グループウェア関連の事例

J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは

J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。

(2019/3/29)

目指せ“生涯アドレス化” 慶應義塾が考える「Google Apps for Education」の使い道

グーグルの「Google Apps for Education」を導入してメールシステムを刷新した慶應義塾。その狙いとは何か。導入や運用時に直面した課題とは。担当者が語る。

(2015/7/24)

au損保がEvernoteを「武器」にできた理由

2014年7月11、12日に日本科学未来館で開催された「Evernote Days 2014 Tokyo」の中から、au損害保険における「Evernote Business」の導入事例を紹介する。

(2014/8/6)

グループウェア移行企業が語るクラウド移行の苦労とメリット/デメリット

グループウェアをオンプレミスからクラウドへと移行した2社。クラウドへの移行の理由は何だったのか。移行時の苦労と工夫、クラウドのメリット/デメリットを語った。

(2012/3/12)

注目の事例記事一覧へ

グループウェア関連の比較

「Dropbox」が大規模アップデート G SuiteやSlackとの連携強化の狙いは

「Dropbox」は大規模アップデートにより、「G Suite」「Slack」「Zoom」など他のコラボレーションツールとの連携を強化した。Dropboxに新しく追加された機能と、Dropbox社の戦略について詳しく説明する。

(2019/8/19)

「Microsoft Teams」無償版でSlackやCiscoに一撃を食らわすMicrosoftの狙いは?

Microsoftは「Microsoft Teams」無償版の提供を開始した。同社の「Office Online」アプリとの統合性を売りに、Cisco SystemsやSlackなどの競合ベンダーに対抗する。

(2018/8/1)

「Office 365」で大丈夫? と思う企業が使うべきハイブリッドクラウド環境管理ツールの実力

「Office 365」は比較的成功しているが、導入に二の足を踏んでいる企業もある。「Operations Management Suite」の新機能は、こうした企業が抱いている懸念の一部を軽減しそうだ。

(2016/10/26)

どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か

あるときは月額料金制のMicrosoft Office、あるときはクラウドメールサーバ、またあるときはグループウェア……。さまざまな顔を持つOffice 365。まずは機能の概要をおさらいします。

(2015/5/29)

注目の比較記事一覧へ